「広告の有効性」クリエイティブ改善時の注意点

 

掲載率は15.86%と「広告の有効性」が良になりましたが、平均的の実績から低下してしまいました。
前回の検証結果とは異なり、「広告の有効性」が改善したものの掲載率は低下しています。
これは私の想定ですが、広告見出しを削除したため、ローテーションされるパターンが減少し、オークションに参加できる機会も減少した可能性があります。
実際に削除した表現はアセットの組み合わせで見ると表示回数が多い傾向にありました。

・クリエイティブ改善時の注意点
・表示回数が多いアセットを変更する
・登録キーワードと近い表現に変える
・広告の有効性が向上しつつも掲載率が減ることがある

https://blog.shift-web.co.jp/advertise/906/

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。