「Googleマップ」独占禁止法の疑いで調査開始される。

米国司法省がGoogleマップを独占禁止法違反の疑いで新たに調査を開始したと発表。

Googleマップの独占禁止法違反には「自動車メーカーの車載システム」と「開発者 の要件」の2つの要素が含まれているとのこと。

Googleマップは、カーナビとして非常に人気のアプリだが、メーカーがAndroid AutomotiveでGoogleマップを使う場合、

Google Play、Google Assistant、YouTube Musicなどグーグルの車載アプリも一緒に使用しなければいけないことになっているとのことで、

司法省は、Googleマップを他のアプリにバンドルする仕組みが、不当に競争を阻害する可能性があると疑っているとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。