ホーム

やっと起業しようと思う

0
0

 

昔、高校生のときにバイトで働いていたスーパーの店長がこんなことを言ってた。「学校に行く意味って知ってる?卒業するために行くんだよ、つまり途中で辞めないために行くの、ブッチ(おかしな表現だけど)しちゃう奴は何やってもダメ」今、この言葉が自分の中で思い出される。たまに自分の能力の欠点を致命的に思う、どうしてもっともっと我慢してみないんだろう。店長の言葉に従うなら、一応高校は頑張って卒業できた(Tahnks Dad!)けど、大学に意味を全く見出せなくてドロップアウトした時点で、自分はブッチしちゃう奴だから何やってもダメなのかもしれない?

 

んで大学辞めて速攻で海外にやってきけど、あれだけ息巻いてたのに、またこれなんか読み違ったなと思ったら、なんの躊躇もなく速攻切り捨ててしまう。すぐに考えを変えるのは、良くない気がする、海外でのキャリアを速攻捨てることは、もしかしたら極めて大きな過ちなのかもしれない、でもわかんないじゃない、だって本当に今すぐに日本に帰るべきだと思ったんだもん。(正直こんなにも早く興味や関心が失せるとも思ってなかった)

 

これから、自分の会社を作ろうと思っているけど、今回に限っては、もうすぐに辞めるわけにはいかないと思っている。苦しいときに、我慢しなきゃいけないと思っている。これから始める事業よりも「あっちの方が良くね、魅力的じゃね」と思ってもすぐ辞めない。なるべく良い方向に導きたいと思う。長く長く、末長くやっていきたい。プログラミングや情報技術に対する興味や関心が、自分にとって死ぬまで尽きないことになったように、会社運営も、二つ目の「死ぬまでやっていけること」にしたいと思っている。

 

でも、何をやるの?起業ってうのは現実とロマンの両方を考えないといけないので面倒臭い。ロマンだけじゃお金を稼げないし、現実だけ見ても大きくはなれない。地に足ついて考えていこう。

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.