コラム

エンジニア仲間に嫌われるタスク消化強要マン。勉強は休日と夜やれとパワハラしてくる問題

0
0

 

前に、仕事で現場で、

 

チームのエンジニアにとても厳しく時間管理させてた人が居ました。

 

彼は、とてもエンジニアリングに長けた人でしたが、残念なことに、

 

「このタスクにOO時間ってかかりすぎ、CSS少しいじるだけじゃない?なにやってた?」

 

みたいな感じで、自分でも気が付かず無意識で他人にマウント取っちゃう感じの人でした。

 

でも、実際こういう人って結構います。

 

詰まるところ、タスク消化強要マンですね。

 

「仕事では迅速に可能な限り早く一つでも多くのタスクをさっさと消化しろ」という経典の原理主義者です。

 

少しでもタスクが消化されずに簡単な対応に時間かけてると、透かさずサボってる烙印押しちゃう若干面倒くさい人でもあります。

 

そして、こういう人は、技術のキャッチアップや深堀は、「仕事の時間は絶対にやるな、家でやれ、休日やれ」と、

 

業務時間外労働を強要するパワハラ人間でもあります。

 

でも、本人は自分がパワハラしてることには気づかず、自分の正義は疑いません。

 

正直、こういう人と一緒に仕事するのは一番疲れます。

 

私は思うんですけども、許される範囲でタスクを消化しながら、勉強の時間を作るのは全然ありだと思っています。

 

てか、そういう金がないなら、そもそも時間給で中長期でエンジニアなんか正社員みたいに雇うなっていう話だし、

 

sそれこそ、タスクだけ消化し続けることを求めるなら外注でやれって話だし、

 

時間給でチームにジョインさせて中長期チームでやっていくならば、ある程度の勉強の時間や、

 

タスクを多量に消化する日、少しエンジンを下げて前に詰まったコードをより深く読む日にしてもいいはずです。

 

そういう風にしてチームの文化を形成して、長期的に会社のプロダクトを皆で作り上げていくゲームをやっているわけです。

 

第一、優秀な人は、そういう複数のことを同時に出来るから、どうして仕事サボりながら勉強してるのか分からないかもしれないが、

 

世の中の多くの人は人並みかそれ以下の能力の人も多くて、そういう人たちはエンジン馬力が入る日もあるし入らない日も少しくらいあったり、

 

勉強の時間が必要な日もあり、もしそういうのが嫌であれば、もっと高い金を出して米国なりより優秀なエンジニアだけ採用すればよくて、

 

それはマネジメントする側の人間なので、パフォーマンス・ファーストか、チームワークと調和を優先して、エンジニアのコストのバランスをとるかは、

 

正解は一つじゃないっていう話なわけです、それを、賢さと正しさを振りかざして社内文化も無視してバサバサと切っていって、

 

マネジメント側が文句言ってないことまで、首を突っ込むのは、やりすぎだよねと思うわけです。

 

第一、優秀な人だけの集団でより高みを目指したいなら、そういうレベルのチームに移れよって思うし、

 

仕事中は四六時中、マシーンみたいに高性能な奴らが、仕事を早く、より良く終わらせることだけに神経を尖らせるべき場所が、

 

最適な場所なら、そういうところ行けよっていう話であり、

 

消化強要マンで、勉強は休日と夜やれとパワハラしてくる人は、エンジニアに現場でとても嫌われると思っています。

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-コラム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.