オンライン決済のStripe、仮想通貨決済への対応を再開。

オンライン決済を手がけるストライプが、仮想通貨決済への対応を再開した。

「ストライプは今後、仮想通貨ビジネスをサポートし、取引所、オンランプ(仮想通貨から法定通貨)、ウォレット、NFTマーケットプレイスに対応する。入金だけでなく、決済、KYC(本人確認)、本人確認、詐欺防止など幅広く対応する」と共同創業者のジョン・コリソン氏はツイートしている。

ストライプのサポートページには、各国の135以上の通貨に対応すると記載されている。

2018年にストライプがビットコインでの支払い受付を停止したのは、サポート停止の決定を覆すものと見られており、ストライプは当時、ビットコインの高いボラティリティ、長い取引時間、上昇し続ける手数料をその理由として挙げていた。

決済プラットフォームを巡るもう一つの動きとして、VisaはオープンバンキングのプラットフォームであるTinkの買収を完了した。

この買収により、VisaはTinkのAPI技術を利用して、顧客のオープンバンキング導入を支援することになる。Tinkは現在、3400以上の銀行やその他の金融機関と提携している。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。