グーグル、ウクライナのAndroid端末に空襲警報機能を搭載。

グーグルは米国時間1月10日、ウクライナのAndroid端末に「空襲警報機能」を実装し、提供を開始したと発表した。同社は、ウクライナ政府から配信されるアラートに基づき、既存の空襲警報システムを補完するものだと説明している。

このほか、Googleはウクライナ近隣国の宿泊施設オーナー向けに、Google Maps上で「難民に無料または割引の宿泊施設を提供しているかどうかをビジネスプロフィールに表示できる」機能、難民へのサービスや支援を提供する機能、Google Fiでは、ウクライナや米国からウクライナへの国際通話料の無料化やGoogle Voice利用者へのウクライナへの通話料の無料化などのサービスを提供している企業を表示する機能などを現在実施しており、この他にも複数の支援策を用意しているという。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。