ソフトバンクG、異例アーム株担保1兆円の調達に成功。普通にすごい。

ソフトバンクグループ(SBG)は、英国の半導体設計子会社アーム社の株式を担保に、月内にも国内外の銀行団から資金を調達する。

金額は80億米ドル(約9700億円)規模で、非上場株式を担保にした資金調達としては世界でも例がない規模になるとのこと。

株式市場の下落で先行きが不透明な中、手元資金を増やし財務指標の悪化に歯止めをかけるのが狙いではあるが、

アーム社の売却が失敗に終わったことも踏まえて、予定通り株式市場にアームが上場できるかどうかなど、懸念材料も残っている。

しかし、これだけ大きな規模で資金調達を続けられる孫正義の手腕は天才的なものとして、他の誰も真似できない領域に来ている。

おそらく市場もソフトバンクを評価することとなるであろう。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。