ファイザー、高血圧の治療薬を撤収させることを発表 発がんリスク発覚。

米製薬大手ファイザーは、高血圧治療薬「アキュレティック」など3剤のリコール(自主回収)を発表しました。

回収の対象となるのは、アキュレティック錠のほか、グリーンストーン社が販売するジェネリック医薬品2品目です。これらは、脳卒中などの心血管疾患のリスクを高める高血圧の治療薬として販売されています。

今回の回収は、発がん性のリスクが指摘されているニトロソアミンを多く含んでいることが原因とのこと。ニトロソアミンは、医薬品の製造に用いられ化学反応によって意図せず混入することがあるとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。