メタ社とグーグル社、オンライン広告をめぐる競争阻害の疑いでEUと英国に調査される。

Meta PlatformsとGoogleが、またもや欧州の調査対象となった。欧州連合(EU)と英国は現地時間11日、両社に対する調査を開始したことを発表した。両社を協調して調査する方針で、両社が協力してオンライン広告枠の競争を阻害した疑惑を調べる。

両社は2018年9月にコードネーム「Jedi Blue」と呼ばれる契約を締結し、MetaがGoogleのオンライン広告枠入札プログラム「Open Bidding」に参加できるようになった。英国の競争市場庁(CMA)とEU競争委員会は、この契約が他のアドテクサービスがグーグルと競合するのを防ぐ計画の一環である疑いがあると見ている。

EUのデジタル政策担当執行副委員長であるMargrethe Vestager氏は、次のように述べている。「グーグルとメタの間のいわゆる『ジェダイ・ブルー』合意を通じて、グーグルのオープンビッディングを弱体化させ、パブリッシャーのウェブサイトやアプリに広告を表示する市場から排除する目的で、そうした競合技術が標的とされた可能性がある。我々の調査によって確認された場合、これはすでに集中しているアドテク市場における競争を制限または歪め、競合する広告配信技術、パブリッシャー、そして最終的には消費者に不利益をもたらすだろう。”と述べています。

英国が2020年1月にEUを離脱して以来、EUと英国が協力して米国のIT大手を調査するのは今回が初めてではありません。両者は2021年6月、メタ社の広告データの不適切な利用の可能性について調査すると別途発表していた。

EU離脱後、CMAは巨大IT企業やオンライン広告市場の規制を担当する独自のデジタルマーケッツ部門の創設を進めているところである。一方、EUは長年にわたってIT業界を規制してきました。ジェダイ・ブルーの調査においては、両者が緊密に連携していくことになる。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。