働き者の日本人はもう幻、日本人はOECDの中で最も労働時間が短いグループの一ヶ国であることが判明

という、世界中の人々がどのくらい働くのかという指標があるのですが、これによると、日本人はOECDで最も働かない(労働時間が短い)グループの一ヶ国で、アメリカ人より10%(21日分)、オーストラリア人より5%(11日分)少なく、その上、時間当たりの生産性もOECDの下位グループという結果が出ているとのこと。

日本人は勤勉で働き者という噂は実は幻に、最近はなっているということですかね・・・

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。