内村航平氏引退記念 NFTデジタルアート販売へ

プロ体操選手の内村航平選手が引退に際して、NFTのアートワークを販売することが11日、分かった。

発表によると、NFTは、似顔絵の世界大会「ISCA Caricature World Championships 2016」で総合優勝した田村大氏が制作した作品と、内村航平選手の現役最後の演技の映像に本人のサインを入れた2種類のアートワークで構成されるとのことです。

田村の作品「Memorial Art of Gymnastics Legend -KOHEI UCHIMURA × DAI TAMURA-」は、NFTマーケットプレイスOpenSeaでオークション形式で1点販売されます。支払いはイーサリアムで行われる予定です。オークション期間は、3月17日21:00から1週間を予定しています。最低落札価格は400万円相当のETH(イーサリアム)を予定しています。

NFT「内村航平 NFT名誉会員証 with LIVE Sign.」は、内村航平選手が3月12日に開催された「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」で披露した体操競技の過去6種目の映像、サイン動画、メッセージ動画がセットになったデジタルフォトフレームです。3月下旬より300点限定で発売予定です。

予定価格はクレジットカードによる定価で80,000円です。ブロックチェーンは、LINE社の「LINE Blockchain」を採用。

いずれの作品も、3月11日夜に公開予定の「KOHEI UCHIMURA PROJECT」特設サイトから直接アクセスが可能です。

アタラシイ経済では、田村大氏が制作した作品を実機からデジタル化し、NFTアートとして販売することを広報担当者に確認しました。実物の作品は、内村航平氏に贈呈する予定です。また、マーケットプレイスで作品を二次流通させた後、販売者に利益が還元される契約も進めているとのことです。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。