前澤氏の、お金配りアプリに電子マネー機能が追加。受取や支払い可能に。

 

前澤氏のARIGATOBANKは4月1日、個人間で寄付ができるプラットフォームアプリ「kifutown」の新機能として、「残高(電子マネー)機能」をリリースしたとのこと。

この機能は、いわゆる「ウォレット」に相当するもので、従来は銀行口座を指定して送金を受ける必要があったが、アプリ上のウォレットでお金を残高として受け取り、店頭やオンライン決済に利用できるようになるとのこと。

残高(電子マネー)機能」では、Visaプリペイドカードの発行が可能で、オンライン専用のバーチャルカード「ありがとうカード ネット専用」や、別途350円の手数料で物理カード「ありがとうカード ライト」などが利用できるとのこと。

また、ICチップ搭載の物理カード「ARIGATOBANK CARD PLUS」は、手数料900円で、残高10万円以上100万円以下、アプリによる本人認証で海外でも利用可能なカードを発行することができる。

残高チャージは、寄付金による送金機能のほか、登録したクレジットカード、セブン銀行ATMのいずれでも受け取ることができるとのこと。

なお、前澤友作氏の「宇宙からの贈りもの」で配布されるお金を電子マネーで受け取るには、この「残高(電子マネー)機能」に対応したキフタウンアプリが必要となるとのこと

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。