広告の関連性のステータスが「平均より下」の場合は、広告文やキーワードが具体性に欠けるか、同じ広告グループに関連性の低いキーワードが入ってしまっている可能性がある

最近、Google広告の「広告の品質」などをよく考えています。アドテクをどう解釈して進めていくか。凄く大事ですよね。

そこで、広告の品質について、改めて調べてて、分かりやすく文章があったのでシェア。

広告の関連性

「広告の関連性」とは、設定したキーワードと広告のメッセージが合致しているかを評価する指標です。ユーザーの探している情報と広告の内容が合っているかどうかが見られます。

広告の関連性のステータスが「平均より下」の場合は、広告文やキーワードが具体性に欠けるか、同じ広告グループに関連性の低いキーワードが入ってしまっている可能性があります。

確かにって感じです。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。