ホーム

未経験からフリーランスで稼ぐ方法ってある?最初の案件獲得方法を解説します

皆さんこんにちわ、藤沢だよ 🙂

本日は、友達から『未経験からフリーランスで稼ぐ方法ってある?』『一番最初はどうやって案件を獲得するの?』という質問を頂いたので、極めて真剣に考えてみたいと思います。私が思うに、未経験からフリーランスで稼ぐ為に大切なことは『原理』と『実践』の二つのTipsを理解するが重要だと思ってまして、

原理を知らないと行動ができないし、実践を知らないと活動に挫折します。これから具体的に説明していきますが、今回の記事では『原理』に関して説明をしていくので、実践編を読みたければ【具体的】フリーランスとして稼ぐ方法【現役フリーランサーが語る】をお読みください。

では、元気に行ってみよう٩( 'ω' )و

まず第一に、スキルがないとフリーランサーとして独立することは、そもそも無理なのか問題

まず、そもそも論として巷でよく言われてることの一つとして、『フリーランサーとして独立している人は、よほどのスキルがあったり、コネクションがあったり、キャリアがないと無理なのでは?』という問があると思います。要は『あなたはどんな価値をクライアントに提供できますか』みたいな。

で、彼らの言い分としては『まずは一生懸命正社員として組織の中で十分な売り上げや成果を叩き出せるようになって、自分でビジネススキルをつけた後に、独立しないと無理ゲーだよね』って言うんです。まあまあまあまあ、正論ではありますが、僕から言わせると、正直に言ってそのような意見は親切でないし、なんていうか、当たり前すぎて答えにならないんですね。

でも大丈夫、例えば、私の話しをすれば、私はかれこれ19歳くらいから組織や雇用形態に縛られない生き方をしてきたのですが、結局、自分がフリーランサー的な働き方を始めたとき、自分がフリーランサーにふさわしい立派なスキルや技能があったかといえば、全くスキルなど皆無に等しかったです。僕はただ単純に、今よりお金稼ぎたいと思ってただけで行動しただけです。

参考 : 【実体験】フリーランスエンジニアとして年収1000万稼いだ方法を赤裸々に語ります

だから、無能な僕でもやれてるんで、きっと大丈夫。フリーランサーとしてお金を稼いでいく為に、スキルとか、経験とか、ノウハウとか、そういう類いのものは無くても別に大丈夫。ていうか、フリーランサーになるに相応しいスキルやキャリアをが積み上がるまで待ってたら時間がかかりすぎて勿体無いですし、時間がかかりすぎます。思い立ったら即行動、バイタリティを持つことがフリーランサーとして食ってく為には大切な資質です。

フリーランサーになるためにスキルはいらない。キャリアもいらない。でも行動力と度胸は必要(馬鹿になれ!)

で、ここからが一番の問題だと思うんですけど、フリーランサーになる為にスキルは必ずしも必要ないよ!とアドバイスを聞いても、残念ながら実際には多くの人々が行動に移せない可能性が大きいです。その理由は、かなり明確だと僕は思うんですけど、それは、リスクをとって会社を辞めたり、リスクをとって仕事を引き受けたり、リスクをとって慣れてないことを始めるのが怖いんです。

多くの人は最初の方は、副業ですら『こう言うことできますか?こう言うことを完璧にできる人を求めています』って言われると怖気付いてしまう人が多い印象があります。詰まるところ、フリーランサーとして金を稼ぐには、自分との戦いに勝たないといけないです。心の問題、度胸の問題。だからこそ、ここをクリアしていけば、大概はうまく回っていきます。ポジティブに『やってみます!!!』って言えるかどうかが大切なんです。

さらに、ぶっちゃけてしまうと、それで実際に仕事をやってみて、仕事ができても出来なくても最悪どっちでもいいんです。大切なメソッドは、『このぐらいできれば金もらえる』『このぐらいできないと金もらえない』っていう体幹を失敗しながら鍛えることなんです。無限大の失敗の回数が成功の精度を上げてくれます。

だって、僕だって別に優秀でもなんでもないわけであって、昔から怒られまくってきたし、クビになったこと沢山あります。が、怒られても別に凹まないし、クビになってもまた次の仕事探すだけだし、それを繰り返していくと仕事を掴むコツみたいなのが分かってくる。少ない労働で高い単価の案件を掴む術を体で覚えることができるんです。これは、ネットにも本にもどこにも教材はない、だからこそ強いんです。

だまずは副業でもなんでも、業務委託や請負で仕事をもらって、仕事を引き受けて納めるというのはどういう感覚なのか、地肌で感じ取りながら足を前に進めてください。戦略的な目標があるなら、ただ働きだってしたっていいんです。まずは、JUST DOOOOO!!! してください。

最終的に、自分の中で『ああ、こんな風に時間が過ぎていくとクビが飛ばされるんだな』とか『ああ、こんな感じで仕事やコミュニケーションが進めば、クビ飛ばされないのか』とか『ああ、この手の案件はヤバイ匂いがするから手をつけずにやろう』とか、そういう嗅覚さへ身につければ、フリーランサーとして生きていくのは相当楽になります。

参考 : 【圧倒的】フリーランスエンジニアのメリットを懇切丁寧に解説します【現役フリーランスエンジニアが語る】

具体的なアクションの方法は無限にある

ここまでくれば後は作業量と時間の問題、寝てても収入は上がっていきます。市場をよくみて、適切なアプローチで優良案件を獲得していくんです。クラウドソーシング系で仕事を獲りたければ、低価格帯&低タスクな案件を攻めればクライアントから返信がきますし、フリーランサーエージェントなどを活用するときは、スキルシートを作り込んで技術一点突破でエージェントに任せてればいいいですし、対面営業であればあらゆる手段を使って『人にあい』『信頼を築き』『サービスを提案』すればいいです。

『こんなの無理かも』って思っても諦めずに、最低三ヶ月は頑張って取り組んでみてください。脳科学の世界では、新しい物事を三ヶ月続けると、脳が習慣化して毎日の活動が当たり前に苦痛なく継続できるようになると言われていますし、最初は全てのことが五里霧中かもしれないけど、三ヶ月も継続すると、少なくとも『何が自分にとって今わからないのか』も見えてくると思います。

頑張ってください^^

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.