東映アニメーションの社内システムが不正アクセスにより一部停止、「ONE PIECE」などの番組スケジュールに影響

東映アニメーションは11日、今月6日に同社のネットワークが第三者による不正アクセスを受け、社内システムの一部を停止したことを確認したと発表した。これにより、同社が制作するアニメ作品の放映スケジュールに影響が出ることを明らかにした。

メディアに対して「詳細は現在調査中」とし、影響を受けるのは「ドラゴンクエスト」の4タイトルであることを明らかにした。ダイの大冒険」、「デリシャスパーティー ▽(=ハート)プリキュア」、「デジモンゴーストゲーム」、「ONE PIECE」である。

そして、”これらのタイトルを毎週楽しみにされているファンの皆様にご心配をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。”と謝罪した。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。