Git

毎日自動的にgithubにプッシュして草を生やそうと思った

毎日、自動的にgithubにプッシュして草を生やそうと思った。(毎日頑張ってコミットしてます風)すっごいくだらないがおもろかった。全部node.jsで書けた。流れはこんな感じ。

 

まず、nodeのパーフェクトで実行を自動化する→一時間に一回処理を実行する->乱数.txtのファイルを新規に作成する->シェルコマンドでGitHubにプッシュする。このままだと、GitHubの自分のリポジトリとサーバーに無意味なファイルが沢山たまるので、txtファイルのみを自動的に消すスクリプトも追加しておこう。

 

setInterval(() => {

var fs = require('fs');
var min = 0 ;
var max = 9999999999999 ;
var a = Math.floor( Math.random() * (max + 1 - min) ) + min ;

function writeFile(path, data) {
  fs.writeFile(path, data, function (err) {
    if (err) {
        throw err;
    }
  });
}

writeFile(`${a}.txt`, "test OK!");

const exec = require('child_process').exec;
exec('git add . -A', (err, stdout, stderr) => {
  if (err) { console.log(err); }
  console.log(stdout);
});

exec('git commit -m "commit"', (err, stdout, stderr) => {
  if (err) { console.log(err); }
  console.log(stdout);
});

exec('git push origin master', (err, stdout, stderr) => {
  if (err) { console.log(err); }
  console.log(stdout);
});

console.log('push success');
 }, 10000);

 

Pocket
LinkedIn にシェア

Git入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

1
2
no image 3
4
5
6
7
8
9
10
no image 11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

-Git