目標インプレッション入札を使えば自動的にインプを高められる。

なるほどね。

入札単価を引き上げる前に、どの入札方式を使うのが良いか気になる人もいることでしょう。しかし、どの入札方式を使っても、入札単価を引き上げればインプレッションシェアが高まるということは変わりません。その為、拡張CPCでも目標コンバージョン単価入札でもその他の入札方式でも大きな問題はありません。ただし、広告の上部表示に拘るのであれば「目標インプレッション入札」を使うと広告の上部表示を管理しやすくはなります。この入札方式は「最上部(もしくは上部)での広告表示率が○%になるよう自動入札する」等と設定する入札方式で、広告の上部表示の管理に特化した入札方式です。Google広告だけなく、Yahoo広告でも同様の入札方式があります。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング広告

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。