米アカデミーがウィル・スミスの暴力行為を徹底的に非難「正式な調査」を開始すると発表

米国アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは28日、主演男優賞を受賞した俳優ウィル・スミスの振る舞いを非難する声明を発表した。

声明では、スミス氏を非難し、「正式な調査」を開始したことを表明、カリフォルニア州法に基づき、措置と結果を検討することを示唆した。

アカデミーはツイッターでも「いかなる形の暴力も容認しない」との声明を発表していた。

問題のシーンでは、ロック氏がスミスの妻、ジェイダ・ピンケット・スミスに対して「G.I.ジェーンの続編が待ち遠しい」などと冗談を言う場面があり、

カメラは、あきらめの表情を浮かべるジェイダを切り取った、ジェイダさんは、自己免疫疾患による脱毛症との闘いを公表しており、

このジョークに対し、スミスさんはブチギレ、ステージに上がり、ロックさんにパンチを食らわせたとみられている。

さらに「妻の名前を出すな」と大声を出し、放送禁止用語も連発、1人の大人として完全に狂った言動が注目されていた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。