米国、ウクライナ政府へ衛星インターネットの端末をプレゼント

米国国際開発庁は7日までに、ロシア軍に侵攻されたウクライナ政府に対し、

米国の宇宙企業SpaceXが提供する衛星によるインターネットサービス「スターリンク端末」5000台を提供したと発表した。

Starlinkは、世界の遠隔地や紛争地域で、小型テレビアンテナに似た端末や機器を使って、インターネットに接続可能な通信環境を提供するものとのこと。

USAIDは声明の中で、「(プーチン)大統領による野蛮な侵略によってウクライナの光ファイバーやモバイル通信の接続が切断されても、スターリンクの端末によって、通信を維持できる」と強調した。

ロシアが軍事侵攻を開始した今年2月、スペースX創業者のイーロン・マスク氏は、ウクライナ上空でスターリンクの第1号サービスを開始した。また、さらに多くの端末が同国に向かっていることもTwitterで発表している。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。