米国IBMのブロックチェーン特許が前年比3倍に増加

IBMは、米国におけるブロックチェーン関連の特許数を前年比で3倍に増やしました。

 

同社は現在、100以上のアクティブな特許ファミリー(複数の国で出願された特許を意味する)を有しています。

 

仮想通貨とブロックチェーンの通信社であるBain Cryptが7月16日にこのニュースを報じました。

 

仮想通貨・ブロックチェーンPR会社GuerrillaBuzzの共同設立者であるYuval Halevyが収集したデータによると、

 

IBMはIntel、Microsoft、Dellなどの有名企業よりもアクティブなパテントファミリー(複数の国で出願された特許を意味する)を多く持っているという。

 

Halevy氏はこのデータについて次のように言及しています。

 

「IBMのブロックチェーン特許数は、わずか1年で300%も増加しています。世界最大級の企業(従業員数36万6,000人)が、ブロックチェーン領域の開発にそれだけのリソースを割くということは、市場の可能性を物語っています。

 

しかし、IBMには世界中に競争相手もいます。米国をはじめとする他国を追い越しているのが中国です。

 

Halevyによると、中国のAlibabaは、米国ではブロックチェーン関連の特許を25件しか取得していませんが、中国では積極的に特許を取得しています。

 

中国メディアの証券日報によると、アリババは今年5月の時点で262件のブロックチェーン関連特許を申請しています。

 

中国はブロックチェーン関連の特許出願で世界をリードしており、

 

2013年から2018年の間に4,435件の出願があったと報告されています。同時期に米国で出願された件数は1,833件でした。

 

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ブロックチェーン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。