メタバースをプレイするのに最適な5つのゲーム

今、世界はメタバースを迎える準備を進めており、最近ではメタバースゲームの人気も上がってきています。

メタバースとは、没入間のある仮想世界のことで、メタバースの質が今後向上すれば、ゲーマー体験の質は革命的に変わるでしょう。

そして、今のところ、そのメタバースの未来を担う筆頭がARやVRと言われています。

最近では、Facebookも「Meta」と社名を変えたこともあり、多くの企業がメタバースに目を向けていますよね。

したがって、今後数年間、トップ・メタバース・ゲームが台頭してくる可能性に注目するのは妥当なことです。

メタバースゲームというユニークなコンセプトは、熱心なゲームファンにとっても新鮮に映るかもしれません。

ここでは、今すぐプレイすべきメタバースゲームの人気リストを紹介します。

プレイすべきメタバースゲーム

Axie Infinity

人気のメタバース・ブロックチェーンゲームとして有名なタイトルの一つに、アクシー・インフィニティがあります。

このゲームは2018年に登場し、最近では特に人気を集めています。

Axie InfinityはではNFTを換金できるので、コロナ禍のパンデミック時にフィリピンで多くのユーザーを獲得したとのこと。

人々は報酬としてNFTを得るためにゲームをプレイし多くのリターンを得た人もいたらしい。

ちなみにですが、Axie Infinityの基盤はポケモンからインスピレーションを得ているらしく、

ゲーム内で他のアクシーとバトルし、勝利して報酬を得ると、経験値を使用することができます。

Axie Infinityは、メタバースゲームリストの中でも、時価総額90億ドルのトップクラスに位置するゲームです。

Sandbox

Sandboxもメタバースゲームとして主要です。

アイテムを創造し、所有権を持ち、さらにそのゲーム体験でマネタイズの見通しを活用できる仮想世界です。

めちゃくちゃ面白そうですよね。イーサリアム・ブロックチェーンに基づくSandboxは、まだ開発の初期段階にあるのですが、

しかし、サンドボックスは、魅力的なデザインとゲーム体験でプレイヤーを集めることに成功しています。

実際の所有権をnon-fungible tokensまたはNFTの形でクリエイターに割り当てられるので、

個人でもアセットを作成することができますし、ユーザーはVoxEditで作成したNFTをアップロード、公開、販売することも可能です

Sandboxはメタバース市場において7%近いシェアを持つトップメタバースのゲームの一つです。

Sorare

Sorareは、ゲームの世界を新しい可能性で切り開く、まさにその好例と言えるでしょう。

基本的にはイーサリアムのブロックチェーンを基盤に開発されたサッカーNFTのゲームです。

何より重要なのは、180以上のサッカークラブがSorareに公式に登録されており、毎週さらに多くのクラブがこのプラットフォームに参加していることです。

プレイヤーはSorareでカードを購入し、チームを作成することができます。

カードは実在の選手を表しており、実際の試合での選手の活躍によって、カード所有者はポイントを獲得することができます。

最も多くのポイントを獲得したチームは、毎週報酬として新しいカードを作成、特権を得ることができます。

セリエBは、約6億8000万円の投資をSorareにすると発表しています。

Sorareは、オンラインメタバースゲームの中でも、抜群の使い勝手の良さで、間違いなくトップクラスの人気を誇っています。

個人でもメールさえあれば無料でアカウントを作成し、プレイを開始することができます。

Sorare NFTカードは、デビットカードやクレジットカード、銀行振込で購入できます。

Illuvium

メタバースゲームリストの中で、Illuviumは特別な位置を占めています。

基本的にはイーサリアム・ブロックチェーン上で開発されたオープンワールドRPGゲームで、

このゲームの大前提は、その中の広大な仮想世界を探索することを中心に展開されます。

ゲームにおけるプレイヤーの主な目的は、”Illuvials “として知られる強力なエンティティを収集することです。

Illuviumのエコシステムにおける色彩に満ちた鮮やかな世界は、間違いなくこのゲームの魅力の一つです。

しかし、Illuviumが今トップのメタバースゲームの1つであると主張するのは早計かもしれませんが、

『Illuvium』のリアルなゲームプレイ体験が有利に働き、大量のユーザーベースを獲得できるかもしれない。

Ultra

オンラインメタバースのゲームリストに最後に加わるのは、間違いなくUltraでしょう。

これはおそらく、さまざまなゲームでブロックチェーン対応サービスを提供するエンターテイメント・プラットフォームを推進する最初のブロックチェーンエコシステムです。

メタバースゲームとしてのUltraの顕著なハイライトは、毎秒12,000トランザクションを簡単に超えるスケーリングのためのネットワークの能力に向けられています。

ゲームやゲーム内アイテムの発見、購入、プレイ、販売など、さまざまな中央集権的および分散的なサービスにアクセスすることができます。

参加者は、トーナメントやコンテストに参加する傍ら、お気に入りのインフルエンサーと交流したり、ライブストリーム配信を見たりすることもできます。

Ultraはまた、Uniswap、Bancor Network、Kucoin、Bitfinex、Bitrueで利用可能な$UOSとして知られるネイティブERC-20トークンを特徴としています。

Ultraは、無料でほぼ瞬時に取引を決済できる設備を備えた、人気のメタバース・ブロックチェーンゲームの1つです。

また、ステーキングに$UOSトークンを使用し、超レアなNFTの形で報酬を得ることができます。

ウルトラの最も優れた点は、ゲームをプレイするだけでなく、NFTマーケットプレイスでの取引にも柔軟に対応できることです。

さらに、このプラットフォームは、新しいDeFiアプリケーションを活用することで、ユーザーがエンターテイメントサービスと対話するのを助けることもできます。

ウルトラ用のウォレットをダウンロードすれば、すぐにでもアカウントを作成することができます。

参考 : 5 Best Metaverse Games to Play

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

web3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。