エンジニアがフリーランスエージェントを使う理由【メリット・デメリット】

もくじ

 

エンジニアとしてある程度の経験を持つ方であれば、フリーランスという働き方を少しは考えたことがあるかもしれません。

 

そして、フリーランスエンジニアになろうかなと思った人が、案件獲得のために最初に検討するのがフリーランスエージェントです。

 

我々のような開発畑の人間は、最初は集客して自分でクライアントを持つマーケティングスキルがありません。

 

ですから、少なくとも数年は、フリーランスエージェントの力を借りて高単価・案件を獲得してくる必要があると思います。

 

そこで、この記事では『フリーランスエージェントとは』と題して、フリーランスエージェントを活用するメリット・デメリットを解説していきます。

 

 

フリーランスエージェントとは

 

フリーランスエージェントとは、我々エンジニアと企業をマッチングさせるサービスを提供している人たちのことを言います。

 

企業は、即戦力となるエンジニア人材を常に求めています。しかし、採用コストが莫大であったり、正社員として採用するリソースもなかったりします。

 

そういう時に、フリーランスエージェントの力を借りて、即戦力となるエンジニアを最短最速で紹介し、仲介手数料をもらって稼ぐのです。

 

エンジニア側からすれば、高単価でフルリモートの好条件の案件を、努力することなく、マーケティングの腕も必要とせず、

 

安定して紹介してくれるフリーランスエージェントは便利に活用できるというわけです。

 

クラウドソーシング系サイトとフリーランスエージェントの違い

 

俗に言われる、クラウドソーシングとフリーランスエージェントの違いは、

 

クラウドソーシングは、自分で募集されている案件に応募していって、

 

営業や交渉、マーケティングをする必要がありますが、

 

フリーランスエージェントに登録しておくと、専属のキャリアアドバイザーが自動で案件を持ってきてくれます。

 

それも、自分がやりたい仕事で、自分が求めている条件の案件を持ってきてくれます。

 

また、クラウドソーシング系のサイトで募集されている案件は、どちらかと言えば副業寄りで単価が安いです。

 

でも、フリーランスエージェントが持ってくる案件は、ある程度大きな会社の大きな案件ですので、

 

単価70万円とか100万円とかの高単価な案件を紹介してもらえます。

 

フリーランスエージェントを活用するメリット

仕事選びの幅が格段に広がる

 

フリーランスエージェントを活用すると、様々な開発言語や開発現場の仕事を紹介してくれます。

 

大企業から資金調達済みのベンチャーまで、幅広い仕事があります。

 

さらに、プログラミング言語も多種多様で選び方です。なので、仕事の幅が広がるメリットがあります。

 

例えば開発言語が未経験でも、今は人手不足なので、Railsの開発経験が3年あれば、Reactの開発案件でも手取り70万くらいで取れるでしょう。

 

単価の高い案件が努力せず速攻で獲得できる

フリーランスエージェントを活用する最も大きなメリットは、高単価の案件に速攻で入れるというところです。

 

平均70万円以上、最高120万円くらいの案件に、最短10日くらいで参画できます。

 

他の職業だったら有り得ないですし、正社員だったとしたら厳しい条件ですよね。

 

このレベルの単価の案件に、そこまでハイレベルなスキルセットでなくても、バンバン案件獲得できるのです。

 

仕事の受注が安定するので食いっぱぐれない

フリーランスエージェントは常に数千件の案件を保有しています。

 

ですから、自分が働きたい時に、働きたいタイミングで、好きな仕事を確実に得られるというメリットがあります。

 

つまり、マーケティングや営業ができなくても、ある程度は仕事に困ることが皆無です。

 

勿論、年齢幅的に50代を超えてくると厳しくなりがちですが、そこの年代にたどり着く前にマーケ力や営業力、

 

リピートクライアント様を繋ぐ力を持っておけばいいわけです。

 

プログラミングの作業だけに集中して日々を過ごせる

フリーランスエンジニアになると、プログラミング以外の様々な雑務もこなさなければいけません。

 

その中には、マーケや営業以外にも、クライアントとの交渉や、更新手続きなど、幅広くあります。

 

そこら辺の雑務も、全てフリーランスエージェントさんがやってくれます。

 

そのため、大事な開発の仕事に集中して取り組めるという点もメリットかと思います。

将来のキャリアプランを相談できる

フリーランスエージェントさんは、常に数千件の案件保有をしています。

 

そのため、今どういうプログラミング言語が人気か?報酬が高いプログラミング言語はどれか?

 

など将来のキャリアプランを作る上で大切な相談事項をたくさん知っています。

 

フリーランスエージェントを活用することで、流行りのトレンドを読む力が身につくのも重要かと思います。

 

フリーランスなのに福利厚生を受けられる

フリーランスは、福利厚生が全くないイメージがありますが、

 

フリーランスエージェントの中には、正社員並みの福利厚生を兼ね添えたフリーランスエージェントがあります。

 

代表格はミッドワークスさんですが、その他、大手のレバテックさんやITプロ・パートナーズさんでも、

 

フリーランスエンジニアでも社員並みの保障「Midworks(ミッドワークス)」

 

独自の福利厚生制度を提供しており、それらを活用することが出来るのも、フリーランスエージェントを活用する大きなメリットです。

 

フリーランスエージェントのデメリット

完全に自由に働くことが出来ない

フリーランスエージェントを活用する最も大きなデメリットととして、自由度が少ないという欠点があります。

 

勿論、フルリモートや週3稼働などの好条件の案件もあります。社内常駐でフルタイムのみの募集も結構あります。

 

自分の時間を生贄に捧げて働く必要があり、自由度や拡張性がありません。

 

それと比べて、例えばクラウドソーシング系のサイトを使って、自分で交渉して営業して案件獲得をすると、

 

自分で働く必要がなく人を雇えたり、働く時間も納期さえ守ればいつでもよかったり、柔軟性が持てたりします。

 

仲介フィーをエージェントに取られるので収入が減る

フリーランスエージェント経由で案件獲得をするということは、必然的に手数料がフリーランスエージェントに支払われるということです。

 

大抵は、毎月の報酬の〇〇%という形で、企業はフリーランスエージェントに報酬を支払っているはずです。

 

つまり、直取引でお金をもらうことに比べると、報酬が安くなってしまう傾向があるということです。

 

しかし、これに関しては報酬単価の交渉や、その他の仕事を代わりにやってもらっているという部分でもありますので、

 

自分がマーケティングや営業・交渉ができるようになったら、フリーランスエージェントさんから卒業すればいいのかなと考えています。

フリーランスエージェント利用の注意点

40代後半以上になるとキツくなってくる

フリーランスエージェントを活用する上で注意しなくてはいけないのが、年齢制限があるということです。

 

正直、40代後半から50代以降は、スキルがあっても案件紹介してくれる数が減るでしょう。

 

自分で会社を作って集客して営業に行けば、年齢のことなど一切関係ないのですが、あくまでも人材紹介と考えると、

 

高齢のエンジニアには案件紹介しにくいというのが正直なところのようです。

 

ですから、高齢になる前に、お金を貯めたり、マーケティングのスキルを身につけたりする必要があります。

 

東京や大阪など大都会以外の仕事が少ない

 

多くのフリーランスエージェントは、今のところ東京や、大阪など、大都市を中心に案件紹介をしてくれます。

 

フルリモート案件であれば関係ないのですが、出勤ベースの案件だと、利用範囲が狭まってしまうリスクがあるでしょう。

 

自分の体調が悪くなると一気に収入がなくなる

フリーランスエージェントに限った話ではありませんが、フリーランスは体が資本というところもあり、

 

自分の体調管理ができずに病気になったりすると、案件の契約がすぐに打ち切られて仕事がなくなってしまう可能性があります。

 

フリーランスエージェント利用がおすすめな人

フリーランス・ビギナーにはお勧めできる

フリーランス初心者の人は、フリーランスエージェントを活用すべきだと思います。

 

その理由は、プログラマーとして超・高単価の業務委託案件を、

 

フリーランスエージェントを使うと最速で努力要らずで獲得できるからです。

 

これまでフリーランスをやったことない人で、正社員でエンジニアをやってた人は、

 

手取り80万円以上の仕事がすぐに決まる感覚が分からない人も多いのではないかと思います。

 

ですから、まずは個人事業主として成長するためにも、フリーランスエージェントを使うことはお勧め出来ます。

 

マーケティングや営業・交渉ができない人にもお勧めできる

 

マーケティングや営業にまだ自信がない人も、フリーランスエージェントを使うべきです。

 

フリーランスエージェントを有効活用できる年齢には上限がありますが、それまではフリーランスエンジニアは、

 

いつの時代も重宝されて仕事があります。ですので、マーケティングや営業を学びながら、自分で仕事を獲得できるようになるまでは、

 

せめてフリーランスエージェントに登録しておき、金がピンチになったら利用すればいいと思います。

 

フリーランスエージェントを利用する流れ

フリーランスエージェントに登録する

フリーランスエージェントを利用する流れは難しくありません。

 

まずは利用するフリーランスエージェントを決めて、専用の登録フォームから登録します。

 

カウンセリング・面談を受ける

そうすると、専属のキャリアアドバイザーが付くので、彼らと相談します。

 

これまでやってきた経験、得意な言語、これからやりたい案件などを話して、

 

専用のスキルシートを提出して、連絡を待ちます。

 

案件の紹介を受ける

そうすると、あなたのスキルシートと相性が良い案件を紹介してくれるので、その中からやってみた案件を選びます。

 

その後、書類審査に通ると先方の会社との面談がありますので、それにパスすればすぐに案件参画です。

 

これまで、最短10日くらいで執行が可能です。

 

案件参画・サポートを受ける

 

案件参画後は、現場でのトラブルや問題があれば、専属のキャリアコンサルタントの方に逐一相談して、

 

現場を変えたりすることもできます。困ったときはメールで相談が可能です。

フリーランスエージェントに相談する時のコツ

魅力的なスキルシートは必ず用意しておく

 

フリーランスエージェントがあなたに価値のある案件紹介をするためには、

 

その指標として使うスキルシートが必須です。

 

スキルシートとは、これまでの活動の略歴を現した職務経歴書のようなもので、

 

自由に作ることが可能です。

 

もし、まだスキルシートがなければスプレッドシートやエクセルで作っておきましょう。

 

今回の記事では具体的には解説しませんが、ネットで調べればいくらでも出てきます。

 

希望する条件や報酬単価を明確に伝える

 

『これまでどんな仕事をしてきて』『今どんなスキルを持っていて』『これからどういう案件をやりたいのか』

 

ここら辺の明確な意思があると、フリーランスエージェントはあなたに案件を紹介しやすいです。

 

複数のフリーランスエージェントに話を聞く

 

フリーランスエージェントに登録するのは、一社である必要は全くありません。

 

各々、全く別の会社ですし、保有している案件も全く別な場合もあります。

 

ですから、複数のフリーランスエージェントに登録してみて、色々な話をエージェントから聞くことで、

 

豊かな情報リテラシーを獲得できるでしょう。

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

フリーランサーフリーランスエンジニア

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です