エンタメ

人工知能は核兵器よりも危険な可能性があるとホーキング博士が警告。人工知能は100年以内に人間を超える」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工知能は核兵器よりも危険だとホーキング博士が警告

 

ホーキング博士は、2014年のBBCニュースのインタビューで、「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と述べ、人工知能の発展にも警鐘を鳴らしています。

 

 

 

スティーブン・ホーキング博士、100年以内にコンピュータが人間を追い越すと警告|OS|Techworld

 

 

人工知能の存亡の危機について専門家が考えること

 

 

2015年1月、イーロン・マスク、ビル・ゲイツ、スティーブン・ホーキング、学者・研究者らは、

 

人工知能業界の安全基準に向けた公開書簡を書き、人工知能が誤作動して人間を危険にさらすことのないよう、

 

いつでも安全に制御できるフェイルセーフシステムを開発する研究を求めました。

 

人工知能の研究はしばらく衰退していましたが、IBMが人間のように学習、思考、分析できる人工知能「ワトソン」を医療用に開発したことで、

 

再び脚光を浴びるようになりました、世界に大きな影響を与えている人工知能は、

 

GoogleやFacebookなどの世界的なテクノロジー企業によって開発されており、

 

すでにAppleのiPhoneやiPadに搭載されている音声認識アシスタント「Siri」や、Googleの自動運転システムなどに採用されています。

 

フィナンシャル・タイムズ紙によると、シリコンバレーでは150のスタートアップ企業が人工知能の開発を行っているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オックスフォード大学の研究者であるヴィンセント・ミュラーとニック・ボストロムが2014年に行った人工知能に関する調査によると、

 

170人の研究者のうち18%が "人工知能は将来的に人類の存在を脅かす可能性がある "と答え、13%が "人工知能は人類にとって有害である "と答えています。

 

また、研究者の多くは、人工知能が人間の知能を超えることは避けられないと考えています。

 

2014年、イーロン・マスクはTwitterで、"人工知能は核兵器よりも危険な可能性があるので、十分に注意する必要がある "とツイートしました。

 

 

 

イーロン・マスクも「人類が高度な人工知能を生み出すきっかけとなるブートローダーにならないことを願っているが、そのような運命をたどる可能性は非常に高い」とツイートしています。

 

ホーキング博士は、2015年5月にロンドンで開催されたカンファレンス「Zeitgeist 2015」で、今後100年以内に人工知能が人間を超えると警告しました。

 

人工知能が人類を超えるならば、人類と協力する目的があるはずで、人工知能の開発は人類がコントロールすべきだと考えている。

 

さらに、ホーキング博士によれば、私たちの未来は、テクノロジーの新興勢力とその利用の知恵との戦いになるという。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

1
2
no image 3
4
5
6
7
8
9
10
no image 11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

-エンタメ