Amazon、ロシアからのプライム・ビデオへのアクセス禁止を発表

ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対し、アップル、マイクロソフト、ソニーなどの大手企業が相次いでロシア向けの製品・サービスの停止を発表、アマゾンも2022年3月8日以降、ウクライナへの義援金や治安支援を開始しました。

アマゾンは日本時間2022年3月1日(火)、「ウクライナへの人道支援」と題した声明を発表し、ウクライナ支援のためにユニセフや国連難民高等弁務官事務所などの団体に500万米ドル(約5億8000万円)を寄付することを発表しました。

その後、声明は複数回更新され、Amazonが「ウクライナに対するサイバー攻撃防御の支援」「ロシアとベラルーシからのAmazon Web Services(AWS)新規アカウントの禁止」といった対応を実施していることが明らかになった。

またアマゾンは2022年3月8日(火)に上記の声明を更新し、新たに以下の対応を発表しました。

  • ロシア、ベラルーシへの小売製品出荷の停止。
  • ロシア、ベラルーシからの第三者販売代理店の受け入れ停止。
  • ロシアのユーザーからのプライム・ビデオへのアクセス禁止。
  • アマゾン製オンラインゲーム「New World」のロシアでの注文受付を停止。

アマゾンのほかにも、アップル、ソニー、サムスンなどの大企業が製品の出荷停止を、VISA、マスターカード、JCBが決済サービスの停止を発表するなど、民間企業によるロシアへの制裁措置が相次いでいる。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。