ITニュース

ランサムウェア攻撃でアメリカ最大の石油パイプラインが停止、バイデン政権が緊急事態を宣言

0
0

 

米国最大の石油輸送パイプラインを運営するColonial Pipeline社は、2021年5月9日、ランサムウェア攻撃により操業を停止したことを発表しました。1日に1億ガロン(3億8,000万リットル)の燃料を輸送し、東海岸で使用される燃料の45%を供給しています。1日に1億ガロン(3億8,000万リットル)の燃料を輸送し、東海岸で使用される燃料の45%を供給しているコロニアル・パイプライン・システムが長期にわたって停止すれば、米国の石油産業および米国人の生活に大きな影響を与える可能性があります。

 

米国パイプラインへのサイバー攻撃は、犯罪組織との関連が指摘されている
https://apnews.com/article/europe-hacking-government-and-politics-technology-business-333e47df702f755f8922274389b7e920

コロニアル・パイプラインがランサムウェア攻撃を受けて停止 - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-05-08/u-s-s-biggest-gasoline-and-pipeline-halted-after-cyberattack

米国のパイプラインへのサイバー攻撃で閉鎖に追い込まれる - WSJ
https://www.wsj.com/articles/cyberattack-forces-closure-of-largest-u-s-refined-fuel-pipeline-11620479737

 

Colonial Pipeline社は、5月8日、「5月7日にサイバーセキュリティ攻撃を受け、さらなる被害を防ぐために自主的にOSをオフラインにした」と発表しました。翌5月9日には、「今回の攻撃は、データを暗号化して身代金を要求するランサムウェア攻撃であった」と報告し、サイバーセキュリティの専門家や政府と協力して対応していると述べています。

 

Colonial Pipeline社は、どのグループが脅迫を行ったのか正確には公表していませんが、AP通信やBloombergによると、Colonial Pipeline社へのランサムウェア攻撃を行ったのは、サイバー犯罪グループ「DarkSide」であるとのことです。2020年8月に活動を開始したDarkSideは、医療機関や教育機関、非営利団体を標的にせず、かつてソ連に属していた地域を標的にしないという方針で知られています。

 

Colonial Pipeline社の5,500マイル(8,851km)のパイプラインは、米国東海岸で消費されるガソリンとディーゼルの45%を供給しています。石油の埋蔵量はある」とウォール・ストリート・ジャーナルの取材を受けたアナリストは語った。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が取材したアナリストは、"石油の蓄えがあり、ハリケーンによって供給が途絶えることも多いので、パイプラインが数日間停止しない限り、大きな影響はないだろう "と述べています。

 

しかし、市場調査会社のClearView社は「ニューヨーク、ボストン、メイン州には約100万バレル(約1億6000万リットル)の政府備蓄がある」と述べています。しかし、市場調査会社のClearView社は、「ニューヨーク、ボストン、メイン州には約100万バレル(約1億6000万リットル)の政府備蓄があるだけで、備蓄に頼るのは不測の事態に対応するための手段に過ぎない。

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.