AWS プラグイン ワードプレス

AWSのLightsailで作ったWordPressで、SESを使用しメール送信する

今回の記事では、AWSのLightsailで作ったWordPressで、

 

ユーザーなどに対してメール送信ができるように、SESでメール送信を作ります。

 

ドメイン取得したサービスなどが違う場合は、適切に読み替えてください。

 

メールアドレスを作る

 

まず、大前提として、メールクライアントか何かでメールを受信できるようにしておいてください。

 

私の場合は、ムームードメインでWordPressサイトのドメインを取得したのですが、下記のようにメアドを作ることができます。

 

 

 

 

上記のサイトが、メアドを作ったサイトですが、WordPressで作ったサイトで、Lightsailで運営しています。

 

それで、予めムームーメールで作成したメアドでログインします。

 

 

その後、SESにログインして、新しいメールアドレスを登録します。

 

下記の画像のように設定すると、確認メールが飛びますので、アクセスできるようにメールをお待ちください。

 

 

メールを作成した直後は、SESのダッシュボードではペンディング状態になっているわけですが、

 

ムームーメールに届いたSESからのメールを確認すると、認証されます。

 

 

こんな感じで確認しましょう。

 

 

はい、確認されましたので、使えます。

 

 

SESでSMTPの設定をする

 

次に、SMTPの設定をします。

 

SMTP設定をすると、SESのメールサーバーを使って、あなたのブログに登録してるユーザーなどにメールを送れます。

 

端的に言うと、SESのメールサーバーを使って、WordPressからメール送信するわけです。

 

(後ほどSESとWordPressを繋ぐ方法も解説しています)

 

 

IAMユーザーというのは、SESでメール送信の機能を使うことができるユーザーのことです。

 

セキュリティの問題だと思ってください。

 

ここでアカウントを作ると、パスワードなどが発行されるので、これを使ってWordPress側で設定をしていきます。

 

ユーザーを作ると、ユーザーが作成されたことが確認できます。

 

ここで、認証情報を書き留めておきましょう。

 

ダウンロードもできるので、保存しておきましょう。

 

 

WordPressにプラグインを導入する

 

ここまで来たら、WordPressのダッシュボードに移動して、プラグインを利用していきます。

 

ちなみにこちら、利用は無料です。

 

WP Mail SMTPをインストールしていきます。

 

 

WP Mail SMTPをインストールすると、このような画面になるので、ダッシュボードに移動しましょう。

 

ダッシュボードに移動すると、設定画面になるので、ここでメール設定を色々としていきます。

 

まず、送信元のメールアドレスはSESで設定した認証済みのメールアドレスを設定します。

 

 

 WordPressでSMTPの設定をする

 

次に、メーラーを「その他のSMTP」に選択します。

 

AWSを選べる項目がありますが、これは有料なので無視してください。

 

SESによるメール送信は、無料で出来ます。

 

そして、SMTPホストなどは、SESの管理画面から確認できます。

 

 

その他のSMTPについては下記のように設定します。

 

SMTPユーザーやパスワードは、先ほど控えていたものを使います。

 

 

これで終わりです!

 

SESの送信制限を解除する

 

メール送信が無事に行われるかどうかは、いくつか方法があるのですが、

 

ここで一つ重要なこととしてはSESでメールを誰にでも送信できるようになるためには、

 

あなたのAWSアカウントでメール送信の制限が解除される必要があります。

 

 

赤い丸で囲まれてるように、アカウントが認証されてないと、SESでのメールは、認証されたメールアドレスにしか届きません。

 

認証されたメールアドレスっていうのは、一番最初にムームーメールでAWSからの確認メールを受信しましたね?

 

これですね。

 

 

なので、Edit your account detail を選択して、あなたがSESのメール送信で何をしたいのか、どのくらい使うのかを(詳しく)記して、

 

制限の解除を依頼してください、これは通常1日くらいで解除されるはずです。

 

メール送信確認

 

では、ここまで出来ましたら、ワードプレスに手動でユーザーを追加してみましょう。

 

 

これで、確認メールが送信されてれば、実装完了です!

 

Pocket
LinkedIn にシェア

WordPress入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

クラウド入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

1
2
no image 3
4
5
6
7
8
9
10
no image 11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

-AWS, プラグイン, ワードプレス