日刊ハイテク情報誌の マガジンOFFです! 毎日IT系のニュースを 配信しています!

赤ちゃん向けのVRがあることが判明、生まれた日からVRを外さなかったらどうなるのか。

ベルギーのアントワープ現代美術館で、「A Temporary Futures Institute」というイベントが開催された。

そのの一部として展示されているNuturePodは、親が購入するための製品として紹介されていて、

この商品は、なんと赤ちゃん用のVRだとのこと。1000ドルほどで入手可能で、

子供の睡眠サイクルを管理し、創造性、身体認識、文化志向、感情調節、社会的スキルに働きかけるとされている。

これらの主張が独自に検証されたものであるかどうかは不明だが、なんとも興味深いデバイスである。

例えば、生まれたその日から何年もの間、赤ちゃんにVRを装着させ、魔法のような世界を体験させ続けたら、

その子供は、どんなリアリティを感じて生きるようになるのか。非常に興味深い。

まあ、実際のところ、今のVRは付けてて重いしデカイし不快すぎるので、

おそらく水泳のゴーグルくらいにコンパクトになるのを、待つ必要はありそうだ。。。

 

 

 

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースVR

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。