Binance Smart Chainとは?

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]Binance Smart Chainとは?どのような仕組みになっているのか?[/st-minihukidashi]

 

今回のコンテンツでは、このような疑問に初心者向けに解説していきます。

 

前提として、イーサリアムやブロックチェーンなどの暗号資産やブロックチェーンに関する基礎的な知識を保有してるものとします。

 

Binance Smart Chainとは?

 

Binance Smart Chain(BSC)は、

 

スマートコントラクトベースのアプリケーションを実行するために構築されたブロックチェーンネットワークです。

 

BSCは、BinanceのネイティブなBinance Chain(BC)と並行して動作するため、

 

ユーザーはBCの高い取引容量とBSCのスマートコントラクト機能の両方の長所を得ることができます。

 

さらに、Binance Smart ChainにはEthereum Virtual Machine(EVM)も実装されており、

 

MetaMaskのようなEthereumベースのアプリケーションを実行することができます。

 

このプラットフォームの目的は、開発者が分散型アプリケーション(DApps)を構築し、

 

ユーザーがデジタル資産を低遅延かつ大容量でクロスチェーン管理できるようにすることです。

 

Binance Smart Chainは、Ethereumの混雑やガス料金の問題もあって、

 

開発者やステーキング投資家が他の選択肢を探すきっかけとなり、これまで2021年初頭に絶大な支持を得てきました。

 

BSCコミュニティは、2月にBinance Coin(BNB)の価格が300ドル以上と非常に高騰したことに対抗して、

 

ガス料金を15Gweiから10Gweiに引き下げることで、費用対効果の高い安定した代替手段として、

 

新規ユーザーにとって同ネットワークをさらに魅力的なものにしました。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

BSCはイーサリアム・プラットフォームの別バージョンのようなものだが、イーサリアムの機能を使えて、なおかつ手数料などはイーサリアムより安く、スピードも速いらしいっ!

[/st-mybox]

 

ここでは、BSCの属性を紹介します。

 

独立したブロックチェーン

Binance Smart Chainは、BCと並行して稼働していますが、

 

独立したブロックチェーンです。

 

つまり、BCが停止しても、BSCはその技術的・ビジネス的機能を継続して実行することができます。

 

イーサリアムとの互換性

BSCはEthereumと互換性のあるスマートコントラクトをサポートしています。

 

この機能により、開発者は、DAppsやツール、その他のエコシステム・コンポーネントをBSCネットワーク上で、

 

大きな摩擦なしに構築または移行することができます。

 

ステイキングとコミュニティベースのガバナンスをサポート

 

BSCは、PoS(Proof-of-Stake)コンセンサスモデルを採用しており、

 

具体的には、proof-of-staked-authority(杭打ちの証明)を採用しています。

 

BSCのネイティブトークンであるBinance Coin (BNB)をステークすることで、

 

ネットワークセキュリティに貢献したり、

 

コミュニティガバナンスプロトコルに投票したりすることができます。

 

また、PoSモデルは、トランザクションをより速く処理することができるため、

 

完全なプルーフ・オブ・ワーク(PoW)システムを実装しているネットワークよりも

 

格段に、優れています。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ブロックチェーンの技術は未発達であり、マイニングなどによる真実性の担保や、どこまで中央集権なしのプラットフォームにするかは実はコントロールされることも可能であり、中央集権のある普通のプラットフォームっぽいブロックチェーンも作ることが可能・・・

[/st-mybox]

 

ネイティブな相互運用性。

BCとBSCは、BSCがレイヤー2ソリューションではないにもかかわらず

 

(Binance Chainと並行して独立したブロックチェーンであるため)

 

摩擦なく自由に通信することができます。

 

これにより、ユーザーはBCとBSCの間で暗号通貨をシームレスに移動することが出来ることを表しています。

 

プルーフ・オブ・ステイクド・アソシエーション

 

BSCは、委任型PoSと権威証明(PoA)の両方を組み合わせることで、

 

ネットワークコンセンサスを実現し、ブロックチェーンのセキュリティを維持します。

 

PoAは、51%の攻撃を阻止する能力と、ビザンチン攻撃に対する耐性があることで知られています。

 

今日は以上になります!

 

参考にした記事

 

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ブロックチェーン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。