ボバネットワーク(BOBA)がビットバンクに国内初上場、対象のOMG保有者にエアドロップを実施。

暗号資産BOBAネットワーク(BOBA)が3月9日に国内の暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankに上場し、3月14日からBOBAの取り扱いを開始すると発表。

ビットバンクに上場される新通貨は、1月に取引を開始したメーカー(MKR)以来となります。

発表によると、ビットバンクでは、日本円とビットコインを使った現物取引でBOBAを取り扱う予定。最小発注量と取引単位はいずれも0.0001BOBAで、最大発注量は日本円が60万BOBA、ビットコインが6万BOBAとなる。

また、BOBAの取り扱いに合わせて、ビットバンクは1月14日にOMGネットワーク(OMG)保有者向けにBOBAのエアドロップを実施することを発表しました。

BOBAエアドロップは、2021年11月12日午前9時(日本時間)のスナップショットをもとに、OMGネットワーク(OMG)保有者に、OMG保有量に対して1:1の割合で付与される。

付与対象者は、スナップショット時点でOMGを保有しており、付与日時点でビットバンクから出金していない、または口座が凍結・停止されていないユーザーとなります。

BOBAの上場により、ビットバンクは「bitbank」現物取引所で合計14の暗号資産を取り扱うことになります。現在、提供されている暗号資産は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クォンタム(QTUM)、基本注意トークン(BAT)、the OMG(オーマー)、記号(XYM)、チェーンリンク(LINK)およびMaker(MKR)などが取り扱われている。

Boba Networkは、OMG財団の中核的貢献者である米国のデータプライバシー企業Enya社による、「スケーラビリティ問題」などイーサリアムの課題を解決するための実用的なレイヤー2ソリューションを提供するプロジェクトです。上に構築されています。

BOBAは、FTX、Bybit、DigiFinex、Huobi Globalなどの国際的な取引所で取り扱われています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。