ITニュース エンタメ

中国の核融合炉「EAST」、1億2,000万度のプラズマを101秒間維持して世界記録を更新

0
0

 

 

中国のウェブサイト「Xinhuanet」によると、EASTは2020年にも1億度のプラズマを20秒間維持することに成功しています。

 

その後、約300人の研究者・技術者が、真空システム、レーザー散乱システム、マイクロ波システムの改良に取り組みました。

 

そして2021年5月28日、EASTは1億2000万度のプラズマを101秒間維持することに成功し、世界新記録を達成したとのことです。

新華網によると、EASTは海水中の重水を利用した核融合によるエネルギー供給を最終目標として運営されており、

 

海水中の重水素1リットルでガソリン300リットル分のエネルギーを生み出すことができると推定されている。

 

EASTの研究成果は、日本を含む35カ国が開発を進めている国際熱核融合実験炉(ITER)で使用されます。

 

日本と欧州が協力して進めているJT-60SAプロジェクトやKSTARの成果もITERに引き継がれ、核融合発電の実現に向けて期待が高まっています。

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース, エンタメ

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.