ホーム

カナダで食べるマリファナでハイになった話【元北米移住エンジニアが語る】

2020年5月5日

皆さんこんにちわ、りょすけです

 

実は私、一時期カナダのリッチモンドという街に住んでた経験があるのですが

 

カナダという国は、日本と違ってマリファナが合法化されていて、どこでも誰でもハッパを吸うことができます

 

私も当時は若かったこともあり、早速カナダ人の友達に誘われるがまま、マリファナをトライしてみた経験があるので

 

今日はその話しを書いてみようと思います

 

吸うマリファナ、食べるマリファナ

 

皆さん、マリファナというのは吸うマリファナと食べるマリファナがあるのを知っていますか?

 

よく、海外hiphopのアーティストがpvでマリファナ吸ってますけど、あれがまさしく吸うマリファナ

 

実は、食べるマリファナっていうのは、実は吸うマリファナよりもハイになります

 

つまり、頭がイカレます

 

当時、僕はそんなことなど露知らず、『吸うより危険度低そうじゃね?』みたいな感覚で、

 

バンクーバーのダウンタウンのストリートショップみたいなところに友人と入り、食べるマリファナを買って、半分ずつ分け合いました

 

で、最初パクパク食べながら、全然なんともなくね?って感じだったんだけど

 

そのうちバーでビールとか飲んでたら、徐々にめっちゃキマってきて、意識が朦朧してきました

 

自分ではハイになってる意識は全然なかったのですが、友人から "you looks high"って言われたのでハイだったのでしょう

 

皆さん、僕は思うのですが、世の中には二種類の人間がいると思うんです、ドラッグをやっても死なないやつと、ドラッグをやると死ぬやつ

 

僕の場合はおそらく後者

 

食べるマリファナを食らって一時間ほど経ったあたりから、なんだか頭の中がボワ〜〜〜ンって白みだし、ビールの味がよくわからなくなってきました

 

そして目がとろ〜〜んっとして、滑舌が回らなくなりました

 

挙げ句の果てには、胸がザワつき、バクバク動悸もしてきて、嗚呼これヤバイなって思って

 

店の外に出て意識を落ち着かせてましたね。

 

結局あの時は死にはしてないですけど、多分ドラッグで若くして死ぬ人って、こんな感じで死ぬんやろうなって思いました

 

最近ではジュースワールドも死んじゃいましたけど、薬物はマジで怖いなって思ったんです

 

僕の友人は全然平気そうでしたけど、これは普通のものじゃないって思いましたね

 

日本ではよく、マリファナはタバコよりも害悪が少ないって言うけど

 

確かにあんなもん毎日やろうとは思わないから、依存度は低いのかもしれない

 

でも、もっと根本的に人体にダメージを与える作用があるような気がする

 

脳味噌がボヤけるような脱力感とか、胸がざわつく動悸とかね。

 

あああ、よくないよくない。

 

皆様も、ドラッグを服用する際は要注意です

自分は猛烈に甘かった。プログラマがカナダで職探し

英語はエンジニアにとって最強の武器になるか【カナダ移住エンジニアが語る】

外国に一年くらい住むと英語はどのくらい上達するのか実験した結果...

【失敗談】海外就職の最大リスクについて | カナダ移住経験者が語る

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム
-, , , , , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.