技術ログ

CarrierWaveで複数の画像を保存する方法 - Rails

2018年11月23日

CarrierWaveで複数の画像を保存する方法 - Rails

こういうフォームがあって


<%= form_for(@user, html: { multipart: true } ) do |f| %>

<%= f.label :top_image %>

<%= f.file_field :image %>

<%= f.label :cover_image %>

<%= f.file_field :cover_image %>

fileの二つを保存したい


mount_uploader :image, ImageUploader
mount_uploader :cover_image, BackgroundImageUploader
 

これでできる。/app/uploaders/image_uploader.rb


class ImageUploader < CarrierWave::Uploader::Base

# ストレージにS3を指定
storage :fog

# 画像ごとに保存するディレクトリを変えたいのでオーバーライド
def store_dir
# 例えばidごとにディレクトリを分けてみる
"#{model.id}"
end

# ファイル名を書き換える
def filename
# 例えば avater_1.jpg みたいなファイル名にしてみる
"Profile_#{model.id}.#{file.extension}" if original_filename
end

# キャッシュ先のディレクトリを指定
def cache_dir
"cache"
end

end

class BackgroundImageUploader < CarrierWave::Uploader::Base

# ストレージにS3を指定
storage :fog

# 画像ごとに保存するディレクトリを変えたいのでオーバーライド
def store_dir
# 例えばidごとにディレクトリを分けてみる
"#{model.id}"
end

# ファイル名を書き換える
def filename
# 例えば avater_1.jpg みたいなファイル名にしてみる
"Background_#{model.id}.#{file.extension}" if original_filename
end

# キャッシュ先のディレクトリを指定
def cache_dir
"cache"
end

end
 
** Rubyを学べる良書おすすめ

Pocket
LinkedIn にシェア

エンジニアにおすすめできる本

Card image cap
リーダブルコード

より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

Card image cap
Webを支える技術

HTTP,URI,HTML,そしてREST

Card image cap
誰でもPythonで作れる

儲かるAIとソフトウェアの作り方

Card image cap
プログラマが知るべき97のこと

現場で使える実践哲学のマスターピース

Card image cap
情熱プログラマー

時代を超えて。ソフトウェア開発者の幸せな生き方

Card image cap
アジャイルサムライ

プログラミング達人開発者への道

Card image cap
Rubyを作った男 まつもとゆきひろ

コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法

ご提供 sponsor
 

Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

 

ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

宣伝
 

りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

-技術ログ

Copyright© offブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.