「死刑執行は違法」 松本智津夫元死刑囚の遺族が国を提訴

オウム真理教の元幹部、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の遺族が、

心神喪失状態にもかかわらず死刑を執行したのは違法だとして、国に100万円の賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。

処刑は2018年7月に行われた。遺族は訴状で、刑事訴訟法が「死刑囚に心神喪失がある場合は刑の執行を停止する」と定めていることを指摘した。

訴状では、当時の法務大臣が「元死刑囚の医療記録を調査し、精神鑑定を行う義務を怠り、行き当たりばったりで執行命令を出した」と主張している。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。