ブログ運営 ホーム

ブログ記事で長文を書いてはいけない理由 | 駆け出しライター必見

 

皆さんこんにちわ、りょすけです。

 

私はこの前、上記のようなツイートをしたのですが、

 

ブログ初心者の人が陥りがちなミスとして、

 

ブログ記事で無駄に文章量を多くしてしまう』というものがあります。

 

私は、これまで五年以上ブログを書いてきましたが、

 

小難しく長ったらしい文章ほどユーザーを退屈させるものはありません。

 

なので、今回の記事では、

 

ポイント

・ブログの記事はどういう風に書けばいいのか

・何故ブログの文章を長ったらしくしてはいけないのか

 

ここら辺について書いていこうと思います。

 

ブログ記事で大切なのは文章量ではなく情報量

 

私は先ほど、『ブログ記事の文章を長くするな』とは言いましたが、

 

『ブログ記事の情報量を薄くしろ』とは言っていません。

 

あまり誤解を招きたくはないのですが、

 

ブログは結局、コンテンツが全てみたいなところがありまして、

 

無駄な記載を省き、必要なことだけを読者に伝えよう、そして、情報の質をあげようと言っているワケです。

 

無理やり文章を増やす必要もなければ、無理やり文章を減らす必要もありません。

 

SEOを意識して無駄にキーワードを詰め込んだりするのはもはや論外ですし、

 

適切な言葉を、適切な速度で相手へ伝えればいいワケです。

 

村上春樹が昔、こんな言葉を言っていたのをよく覚えています。

 

多くの人は、あまりにも簡単なことを伝えるために、恐ろしく複雑な表現を用いる。最も大切なのは、複雑な表現を簡単に伝えることである

 

ブロガーは、凝縮した質の高い情報を、わかりやすくまとめるのが仕事です。

 

読者はどういう経路でwebのブログ記事を読むのか考える

 

次に、ブログ記事はどんな風に書けばいいのかという点を、

 

読者の立場に立って、考えてみたいと思います。

 

webの記事というのは、当たり前ですが殆どが無料で読むことができますよね。

 

snsで偶然流れてきたとか、テキトーにググったら上にあったとか、そんなもんです。

 

書店へ立ち寄ってお金出して買ったとか、メルマガ登録して真剣に読むつもりあるとか、

 

そんなんとは全然違うワケです。

 

つまり、読者は読むつもりがあんまりないってことが、第一にある可能性は極めて高い。

 

だから、

 

ポイント

・サクサク読める易しい文章であること

・明らかに特定の悩みを解決してくれるような文章であること

・起承転結からズレていない正しい文章であること

 

ここら辺が、極めて重要で、ここら辺をすっ飛ばして好き勝手に書くような文章は、

 

有名人でその人のファンだとか、お金払って買ってる雑誌や本だとか、

 

こういう人でもない限りは難しいです。

 

逆に考えれば、上記を丁寧に解決するような文章であれば、

 

あなたが全くの無名のライターであろうが、駆け出しのブロガーでドメインパワーがなかろうが、

 

世界のどこかで誰かが記事へ辿り着き、最後まで読み進めてくれるようになる。

 

詰まるところ、自分が読みたい文章を書いてるかが大切です。

 

是非、ブログ書くときは気をつけてみてください〜^^

 

関連記事 : 【これで必ずブログ伸びます】PVを爆増させるためにブロガーが知るべきこと

関連記事 : ブログ記事で長文を書いてはいけない理由 | 駆け出しライター必見

関連記事 : ブログの文章の書き方について | 文章が上手い人の4つ特徴

関連記事 : 初めてブログからアフィリエイト収入が発生した日のことを語ります | どのくらい頑張ればアフィリエイト収入でますか?

関連記事 : 【ブロガー向け】SEO検索で順位を確実に上げる方法【現役ライターが解説】

Pocket
LinkedIn にシェア



新規webサービスの開発の依頼ならoffテク⭐️

低コストで、Reactなどモダン言語での新規webサービス開発を承ります

-ブログ運営, ホーム
-, , , , , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.