コインベース、ロシア人ユーザー2万5千人以上の仮想通貨ウォレットへのアクセスを遮断。

米国の暗号通貨取引所コインベースは1月7日(現地時間)、国家の経済制裁に対応した同社のグローバルな取り組みを明らかにした。ロシアの個人および団体の仮想通貨ウォレットアドレスを累計で2万5000件以上ブロックしたという。このアドレスのほとんどは、2月末からのロシアによる軍事行動前に確認されたという。

同社によると、米国、英国、EUから制裁を受けた個人・団体の口座開設を阻止し、制裁地域(クリミア、北朝鮮、シリア、イラン)からの同社のウェブサービスや製品へのアクセスをブロックしているという。また、定期的にグローバル制裁リストを更新しています。

また、同社はブロックチェーン分析プログラムを用いて、制裁対象者に関連するアカウントを特定し、ブロックチェーンのアドレスをブロックしています。特定されたアドレスは、政府とも共有されます。

その他、暗号通貨は、日時や金額、ウォレットアドレスなどの取引情報の視認性が高く、追跡が容易で、改ざんされることなく永久に情報が残るため、制裁回避やマネーロンダリング抑止に有効であるという特徴があります。

同社は、現在各国が実施している対ロシア制裁を全面的に支持するとしている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。