「クリエーターエコノミー」ついに12兆円の新市場へ育つ

 

「クリエーターエコノミー」とは、かつてのような組織に属して経済基盤を持つのではなく、

個人が各々のスキルをマネタイズしていく経済活動のことを言う。

インターネットが普及し、プラットフォームが成長したことで、多くの影響力を持つ個人が生まれ、

ネット決済や投げ銭と言われるファンからの直接課金の活発化により、個人で能力さえあれば集客が容易になった。

そして、この新たな市場の規模は、ついに12兆円の巨大マーケットに育った。

GoogleのYouTubeやTwitter、もしくは最近、社名を改名したMeta(旧Facebook)がクリエイターエコノミー市場で熾烈な争いを繰り広げる。

日本のプレイヤーでも、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなど…etc

雇用に属さない働き方が増え、今後、この市場の影響力はますます広がっていくだろう。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。