DeFiの問題点とは?革命的Fintechテクノロジーの高い壁

 

暗号通貨は、伝統的な金融機関の不平等と非効率性の解決策として浮上しました。

ビットコインの開始以来、金融の世界でのブロックチェーンテクノロジーの採用により、その分散化が強化され、

DeFiとしても知られる分散型金融サービスの新しい世界が生まれました。

ただし、多くの利点があるにもかかわらず、DeFiの普及を妨げるものがいくつかあります。

この記事では、DeFiが持つ問題とその解決案について解説します。

DeFiとFintech

FinTechは今日のトレンディな分野です。 過去数年間で、世界中で数十のFinTechスタートアップが設立されました。

FinTechの中心にあるのは、金融サービスの提供を改善するためにイノベーションを活用するというアイデアです。

そのため、分散型ファイナンスというアイディアがFinTechとして主張されています。

FinTechとDeFiはどちらも、効率性、テクノロジーの使用の自由を確立することを目的としています。

ただし、FinTechとDeFiの非常に重要な違いの1つは、FinTechソリューションは中央管理者がその挙動を管理してる一方で、

DeFiアプリは一元化された機関や企業のサポートなしで自律的に実行されるオープンソースシステムであるという点です。

DeFi Appsは、多くのサービスをブロックチェーン上で実行できるようにするオープンソースファイナンスへの新しいアプローチを採用している点で際立っています。

まさにインターネットは、DeFiがどのように機能するかを示す良い例です。

DeFiの主な利点

DeFiの主な利点の1つは、無制限の資金調達オプションです。

DeFiアプリケーションは、通常の銀行システムを持たない世界の国々に実用的なソリューションを適用します。

DeFi Appsは、以前は利用できなかったアフリカ諸国の金融サービスへのアクセスを提供します。

銀行は依然としてIDと信用格付けを利用して顧客を確認しています。

しかしDeFiアプリを使用すると、ユーザーは金融サービスを使用するために銀行IDや信用格付けを持っている必要はありません。

これにより、誰でも金融サービスを利用できるようになります。

現在のパンデミックに照らして、DeFiソリューションは、政府からベーシックインカムを生み出すための、

はるかに効率的で効果的な代替手段になる可能性があります。

DeFiを使用すると、何百万人もの人々が瞬時に政府の資金を得ることができます。

分散型ファイナンス(DeFi)の課題

分散型市場には、独自の長所と短所があります。

DeFiには多くの潜在的な利点がありますが、同時に避けがたい欠点も数多く存在しています。

例えばDeFiエコシステムの深刻なリスクは、スマートコントラクト、信用保険の欠如、ユーザーエラー、および資産の流動性に起因します。

スマートコントラクトの脆弱性

スマートコントラクトはDeFiシステムの仲介者であるため、それらの脆弱性はDeFiエコシステムの機能に影響を与える可能性があります。

スマートコントラクトは、従来の(実際の)コントラクトのプロトタイプであるプログラム可能なアルゴリズムです。

スマートコントラクトは、条件が入力された後の2つの当事者間の契約の実行を制御します。

ただし、コードにエラーや欠陥があると、スマートコントラクトにロックされている資金が失われる可能性があります。

スマートコントラクトは当事者が契約を履行するのを非常に簡単にしますが、コードのエラーは重大な問題につながる可能性があります。

ユーザーエラーももう1つの重要な問題になります。 ユーザーが間違った住所を使用して送金した場合、返送されない場合があります。

それから DeFiシステムはDOS攻撃の影響を非常に受けやすくなっています。

このように、欠陥のあるスマートコントラクトがDeFiエコシステムに到達すると、資金と財務データが大幅に失われる可能性があったり、

開発者の人的ミスにより多大なる損害が発生する可能性が否めません。

DeFi市場の予測不可能性

市場の予測不可能性は、投資家やトレーダーを非常に怖がらせる2番目の問題です。

暗号通貨は非常に変動性があるため、DeFi市場はこのデジタルコインの欠如をさらに助長しています。

結果として、たとえすべてが技術的に正常であったとしても、投資家は価格の急激な上昇と下降の間に多くのお金を失う可能性があります。

市場の変動性と予測不可能性のために、多くの人々は価値の安定した形として暗号通貨を受け入れることを躊躇しています。

さらに、各暗号通貨の価値はさまざまな方法で変化する可能性があるため、

金融取引に特定の通貨を選択することは困難です。 DeFiは市場のボラティリティを高め、大規模な投資家を怖がらせるだけです。

規制上の問題

世界には分散型金融システムの正確な規制はありません。

政府や中央銀行は取引を管理できないため、ほとんどの人はシステムを信頼していません。

さらに、一部の国では、地方自治体が事前の通知なしに暗号通貨を禁止する場合があります。

これは、DeFiシステムの主な問題の1つです。また、規制がないため、犯罪行為の可能性も高くなっています。

このシステムは匿名性を提供するため、誰でも名前を明かさずに送金や受け取りができ、犯罪者により多くの選択肢が与えられます。

事実、北朝鮮のような、国家規模の盗賊集団が世界にはいくつも未だに存在しています。

低流動性

暗号通貨の世界は何千ものデジタル通貨で満たされているため、キャッシュアウトに関してはさらに困難が生じます。

流動性が低いため、暗号通貨を交換するときにも問題が発生する可能性があります。

その結果、時間通りにお金を受け取れない可能性があります。これは、分散型金融システムでは大きな問題です。

多くのデジタル通貨の支持者は、暗号通貨は流動性の高い資産であると主張していますが、これは少数のデジタル資産にのみ適用されます。

その結果、資産を自由に交換することができず、金融システムが無効になります。

ローンの問題

暗号通貨のボラティリティが高いため、ローンを取得することも困難です。

ほとんどの場合、貸し手はローンを提供する準備ができていますが、彼らはこれのために非常に高い担保を要求します。

これは、ローンを取得するときに借り手を困難な立場に置きます。 信用保険が欠如してる感じですね。

DeFiエコシステムは、この危険を排除することは正直できていません。

DeFiトラブルシューティング

ちなみにですが、他のあらゆるブロックチェーンプログラムも結構そうなのですが、

DeFiも開発者によって多かれ少なかれ制御されているため、完全に分散化されたシステムではありません。

DeFiソリューションの中央プロバイダーである開発者は、システムの分散化を困難にし、資金調達を困難にしています。

まとめ

このように、革命的な分散金融と見られているDeFiにも、数多くの問題点があります。

そして、その問題点は無視できないレベルで重要なため、中々DeFiが一般市場に浸透しない壁みたいになっています。

少しずつ、これらの解決策も提示がされつつありますが、今回の記事ではここまでにしましょう。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

DeFiweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。