サイバー犯罪集団がデンソーに犯行声明「盗んだ機密情報は公開する」

サイバー攻撃を行う犯罪グループが、トヨタグループの自動車部品メーカーであるデンソーに対し、盗んだ機密情報を公開するとの声明を発表した。

情報セキュリティ会社の三井セキュアディレクションによると、「Pandora」と名乗るサイバー犯罪グループがインターネット上で声明を出したという。

声明によると、盗まれたデンソーの機密情報は、15万枚以上の注文書や図面などで、身代金の支払いを要求するウイルス「ランサムウェア」が使われたとみられるという。

2月には、トヨタの取引先である小島プレス工業がランサムウェアの被害を受け、トヨタの日本国内の工場が一時的に停止する事態が発生した。

トヨタ自動車は「デンソーから1月13日に連絡があり、今のところトヨタへの影響はない」としている。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。