ドイツ「ウクライナの惨状を考えれば自国の打撃など小さな代償」

ドイツ政府は、ウクライナでの戦闘により被るドイツへの経済的な損失について、影響はあるがは、ウクライナの困難さに比べれば小さな代償になるだろうとの決意を表明した。

ドイツはヨーロッパで最大の経済規模を誇る国で、この戦争により、ドイツ経済は戦争に巻き込まれていることを認めた。

その上で、「我々は高い代償を払っているが、ウクライナの人々が払っている代償とは比較にならない」と述べ「ウクライナ人は死に、家を失っている」と付け加えた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。