投稿者 : 藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa) りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

【デジタルヒューマンとは?】メリット・事例・活用法

更新日 :

デジタルヒューマンとは、人工知能 (AI)で構築された仮想世界の3Dキャラクターです。

 

バーチャルヒューマン「Saya」(https://advanced.massmedian.co.jp/article/detail/id=3067)
3DCG女子高生「Saya」をなぜ博報堂DYグループは手掛けるのか?」

 

現実の写真のようにリアルな表現を持つことができ、本物の人間のようにリアルであることが特徴です。

 

なぜ今、企業はデジタルジューマンへの開発・投資をするのか?

 

デジタルヒューマンにはどのようなメリットがあるのか?

 

このテクノロジーが 、仮想世界でのUX(ユーザー・エクスペリエンス)を、どのように変革できるか

 

探ってみましょう。

 

デジタルヒューマンとは?

デジタル ヒューマンは、人間のように見える 3D キャラクターです。

 

身体の動き、顔の表情、会話など、人間の特徴を再現できます。

 

ただし『ヒューマン』と言っても現実に身体を持った個体が存在するわけではないです。

 

あくまでも仮想世界に存在する独立した 3 次元キャラであり、

 

チャットボットや音声ボットの進化系と捉えられます。

 

デジタル ヒューマンは、以下のような技術を用いて開発をすることが出来ます。

 

  • AI(人工知能)
  • 音声コマンドを理解するための自然言語処理
  • 人間の感情表現を正確に再現する高度な3D モデリング
  • 声を再現するための自然言語の生成技術

 

参考:ゼロから作るDeep Learning  ―自然言語処理編

参考:ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術

参考:教養としてのAI講義

 

私たちが既に活用をしている、チャットボットや音声ボットの進化系として、デジタルヒューマンの活用が期待されています。

 

なぜデジタルヒューマンが注目されるのか

デジタルジューマンは、企業と人との間で交わされるコミュニケーションを、

 

より豊かなものに出来ます

 

つまり、リッチなUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現することにより、

 

企業が販売する商品のCVRの向上に貢献することが出来るのです。

 

デジタルヒューマンを活用することで、企業の利益が増えるのです。

 

ユーザーが楽しく購買活動を行なうことが出来るのです。

 

IT化の流れが進むに連れて、企業がユーザーに提供するユーザー体験は少しずつ豊かなものになってきました。

 

昨今のチャットbotでの企業接客を考えてみて欲しいのですが、

 

将来は、もっと人間味溢れるデジタルヒューマンが対応してくれる日が来ます。

 

デジタルヒューマンが利用されるシーン

デジタルヒューマンが利用・活用されるシーンとしては、多種多様なチャンスがあります。

 

例えば、

 

  • 人間の代わりに接客をこなすコンビニ店員
  • 自分の代わりにZoom会話に出てくるアバター
  • 無機質なロボットではなくデジタルヒューマンが働く工場
  • 人間の代わりにWebサービスのお問い合わせを受け付けてくれたり

 

などなど…etc

 

その他にも、エンタメ領域やメタバース領域でも数々の活用シーンが想定できます。

 

以前、 東映、松田優作を「デジタルヒューマン」として蘇らせるプロジェクトを発表というニュースもありましたね。

 

デジタルヒューマンを企業が利用するメリット

人が接客してくれてるような豊かなユーザー体験が提供できる

例えば、従来型のオフィス受付システムを考えてみてください。

 

現状、オフィスの受付システムを自動化すると、

 

タブレットや電話による、無機質なオフィス受付システムしか導入することが出来ません。

 

でも、デジタルヒューマンを活用すると、まるで人間のようなリッチな対応を実現できます。

 

人を雇用するコストを削減できる可能性がある

一つ上のセクションでも少し触れましたが、

 

例えば、オフィスの受付担当を雇用することを考えてみてください。

 

タブレットや電話では、ユーザー体験が悪いので、どうしても人を雇用するしかない業界もあると思います。

 

(例えば、高級車を販売するディーラーの受付嬢など)

 

しかし、今後の将来、デジタルヒューマンがより企業に導入されることで、

 

今までは人を雇うことでしかサービス価値を出せなかった業界でも、

 

より人を雇用せずコスト削減ができることでしょう。

 

デジタルヒューマンの事例

この世界には、既に多くのデジタルヒューマンが開発をされていますが、

 

日本勢も負けていません。3D女子高生のSayaというデジタルヒューマンを、

 

日本の巨大・広告代理店である博報堂が作っています。

 

広告の会社がデジタルヒューマンを手がけるところも興味深いですよね。

まとめ

今回の記事では、将来のビジネス・シーンで大活躍が予想される、

 

デジタルヒューマンについてご紹介しました。

 

デジタルヒューマンについて、まとめると、

 

  • 人間そっくりの3Dキャラクターであること
  • 人の表情、声、動きまで人間でロボットに見えないこと
  • 企業と顧客との間のUX体験の向上に繋がるということ
  • よりリッチなUX体験を提供することで商品のCVRなどに貢献できるということ
  • それすなわち、企業の売り上げ向上に貢献できるということ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事