世界幸福度ランキング、フィンランドが5年連続1位。

国連持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)がまとめた情報で、フィンランドは、5年連続で世界幸福度ランキングで1位を獲得していることが発表されました。

ランキングは、フィンランドをはじめ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランドなどの北欧諸国が上位を占めました。15位はカナダ、16位はアメリカ、17位はイギリスでした。日本は54位だった。

このランキングは、健康寿命、一人当たりのGDP(国内総生産)、困ったときの社会的支援、汚職の少なさと社会的信頼の高さ、人々が助け合う地域社会の寛容さ、人生で何が重要かを決定する能力などに基づいているとのこと。

この調査は、ロシア軍のウクライナ侵攻前に実施されたもので、幸福度ランキングでは、ウクライナは98位、ロシアは80位だった。

最下位は146位のアフガニスタンで、報告書では、”戦争が多くの犠牲者にもたらした物質的・非物質的損害を改めて思い知らされる “と指摘している。

ランキング上位10カ国は以下の通りです。

  • 1位 . フィンランド
  • 2位 . デンマーク.
  • 3位. アイスランド
  • 4位. スイス
  • 5位. オランダ
  • 6位. ルクセンブルク
  • 7位. スウェーデン
  • 8位. ノルウェー
  • 9位. イスラエル
  • 10位 . ニュージーランド
RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。