戦争がない平和な世界が来ない理由【戦争は正義vs悪ではない】

結構前の話になるが、DMMを創業した亀山さんのログミーの記事を読んだことがあります。

時々思い出していい話だったなと思い出すので、ここで紹介したいです。

ぜひ本文を読んでみてください。

それは「戦争は正義vs悪ではない」漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方というものなのですが、

要約すると、僕はワンピースそんなに見てないので解釈が間違ってるかもだけど、

我々日本人や、欧州の人々や、米国人っていうのは、ワンピースで言えば天竜人?であり、

いつも世界の争いを雲の上から見てて、

今シリアやイラクで起こり続けてる内戦や戦争は、ワンピースのルフィたちがやってることで、

ワンピースでは世界政府が悪すぎるからルフィ達はかっこよく見えるけど、

現実世界の世界政府は、それこそ米国や欧州が作ったもので、世界を支配している。

僕たち日本人や米国の市民は、テロリストがなんで、人々を殺して悪事を振り撒くのかと疑問だけども、

西洋列強に抑圧されて、時には空爆などで家族を殺されたりして、怒れるテロリスト達は、

大した軍隊も武器も持ってないから、身を挺して敵に逆襲しにくる。

それを自爆テロっていう。

そういう感じの話だった、なんだか、どれほど自分たちが平和で食べ物もたくさんあって、

安全な場所で住んでるのか良くわかる話で勉強になった。

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

暮らし歴史

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です