ドイツ、武器をウクライナに安全に届けるため町中のカメラをオフして情報のシャットダウン実施

 

ドイツには、町の至る所に車の速度違反などをリアルタイムで撮影するシステムが導入されている。

 

しかし今は、それがオフになっているようだ。ドイツからポーランドを経由して武器をウクライナへ送る際、

 

敵国に輸送ルートを割り出され攻撃されないようにするためとのこと。

 

一方のロシア軍は、通信もロクに暗号化せずに、兵士が携帯電話でやりとりするなど準備不足が散見されているよう、

 

ここまで両国の周到さが垣間見れた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。