ホーム

給料は必要だと解っていても、どうしてこんなに会社に行きたくないのでしょうか?

2020年8月29日

 

 

Quoraの質問に答えてみる。

 

給料は必要だと解っていても、どうしてこんなに会社に行きたくないのでしょうか?

 

会社へ行きたくないのに、生活のために仕方なく行かなきゃいけない気持ちは、とても共感できます。

 

僕も、やりたくない仕事を仕方なくやっていた時期がありました。

 

会社に行きたくないと思ったとき、解決方法と、発生原因は、それぞれ以下のようになると思います。

 

解決方法

・辞めるか転職する

・今の仕事を好きになる

・働かなくてもいいくらい金を稼ぐ

 

発生原因

・人間関係が辛い

・そもそも仕事が好きじゃない

・給料が低いのが苦痛だ

 

解決方法はいくらでもあると思うんだけど、

 

人それぞれ抱えている状況があると思うので、この記事を読んでも解決になるかわからんが、

 

僕の経験談を語るくらいは出来ると思う、それで、こういう選択を繰り返してきた人もいるのねと参考くらいにはなるかもしれない。

 

だから、少しでも参考になればと思います。

 

病むくらいなら、好き勝手やろう

 

では、行ってみよう٩( 'ω' )و

 

人間関係が辛い

 

スーパーでバイトをしたときの話しです。

 

上司たちに酷く虐められました。

 

そいつらは、スーパーの中での人間関係しか帰属意識がないみたいな奴らで、いつも上にペコペコして、集団で固まってました。

 

僕は、そういう人々が好きじゃなかったので、孤立してやってたわけですが、

 

それを気に入られなかったみたいです。

 

業務中に頻繁に捕まえられて、過剰に指導されて、怒鳴られたり、本当にムカつく毎日でした。

 

仕事場で人間関係にうざい奴らがいる場合、

 

・仕事を辞めるか

・仕事場の奴らと上手くやるか

・仕事場のやつらがぐうの音も出ないほど優秀になるか

 

しかないと思います。

 

自分の場合は、速攻辞めました。

 

そもそも仕事が好きじゃない

 

レストランバーで働いたときの話しです。

 

何の気なしに始めた仕事で、数日勤務して気がついてしまいました。

 

仕事が全く楽しくないっていうことに。

 

マスターからは、

 

お前、もっと人に見られてると思って働け、カッコつけて働け

 

と言われました。

 

自分は俳優じゃねえし、そういうこと向いていないと思いました。

 

やる気が出ないから商品のメニューや、机の位置も覚えられず、たくさんの料理やグラスを運ぶことも苦痛でした。

 

僕は思うのですが、

 

別に好きな仕事じゃないけど仕事だから仕方ないと割り切って、楽しもうとできない人って、本当は心の中でやりたいと思っていることがある人じゃないでしょうか?

 

僕は、レストランバーで働いてるとき、自分が何をやりたいかは分からなかったけど、やりたくない仕事、フワッと興味ある業界は無意識レベルで認識してたように思います。

 

給料が低いのが苦痛だ

 

あまり詳しく説明しませんが、

 

過去に一度だけ、ビジネス上の戦略的に、試してみたいことがあり、

 

世の中の市場の平均より随分低い金額で働こうと思ったことがあります。

 

報酬はかなり低いけど、自分が挑戦したいチャンスがあり、

 

自分のビジネスをより加速できると思ったからです。

 

それで、実際に初出勤日にオフィスに出社してしばらく経って、

 

自分が挑戦したいことが、根本的に不可能だと気がつきました。

 

これだと、自分は単純に低い金額で働いて時間を無駄にするだけだと思いました。

 

それで、自分は朝の10時に出勤して、昼の11時半に退職しました。

 

もちろん、こんなことをするのは良くない。

 

今過去を振り返ると、申し訳ないことをしました。

 

ただ、この質問を作った質問者さん、給料が低くて苦しいなら、

 

今すぐ辞めていいのです、もっと高い給料を稼げる場所で、働けばいいのです。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム
-, , , ,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.