プログラマー ホーム

英語はエンジニアにとって最強の武器になるか【カナダ移住エンジニアが語る】

皆さんこんにちわ! 藤沢だよお 🙂

 

本日は『英語』に関する記事でございます

 

この記事を読んでいる方で、エンジニアとして活躍している方であれば

 

英語はきっと切実な問題の一つだと思います

 

日々の生活の忙しさの中で、英語の学習時間を作るべきか

 

もしくは、そもそも英語を学ぶことはエンジニアにとってどのくらい役に立つのか

 

知りたいと思ってる方は少なくないのではないでしょうか

 

その疑問、カナダ移住経験がある自分が答えさせていただきたい

 

私は、21歳のときに1年ほどカナダで生活していた経験があり

 

そこそこ英語を使うことができるようになりました

 

だから、エンジニアとして英語を学ぶことがどのくらい自分の役に立つのか

 

費用対効果はどのくらいあるのか、良く知っています

 

この記事を読むことで、

 

エンジニアにとっての英語の重要性や、活用局面について学ぶことができるので

 

興味がある方は是非、読んでいっていただければと思います

 

では、早速行ってみよう٩( 'ω' )و

エンジニアにとって、最も英語の恩恵を受けることが出来ることって何?

私は、エンジニアとしては今4年ほどのキャリアがあるのですが

 

エンジニアとして英語をズバズバ話したり聞かなきゃいけないシチュエーションって

 

実は仕事をしていく上では、そこまで多くはないと思ってます

 

それこそ、日本で暮らし、日本の企業で働いてる場合は

 

ほぼないと言っても過言ではないでしょう

 

自分のチームに外国人の方がいれば勿論話したり聞いたりするスキルは必要になりますが

 

チーム内に外国人のエンジニアが入ってくる可能性って、

 

メルカリとかで働かない限り、そんなに日本じゃないですよね

 

そういう意味で言えば、もしあなたが日本でエンジニアとして暮らしていく場合は

 

そこまでリスニングやスピーキングといった能力は生かすことができないでしょう

 

が、それでも英語を使いたい局面は、多々、仕事をしていく中で出てきます

 

その際たる例として、自分が一番得したことと言えは、仕事で必要な技術の情報を英語で探すときです

 

今の世の中、ブログや動画教材などが溢れかえり

 

日本ではQiitaのような素晴らしい製品が普及してるので

 

ほとんど全ての業務知識は日本語情報だけで済みそうに思いますが

 

僕からしてみると、それでは全然足りない

 

例えば、日本で優れた教材を無料で発信するユーザーが多いRailsなどは

 

エラー内容や、新しいリリースなど、ほぼ全ての情報(汎用的なもの)は

 

瞬時に日本語に翻訳され発信されると思うので、日本語で完結すると思いますが

 

ニッチで汎用性の少ないgemの使い方とかは

 

日本語に翻訳され世の中に出てくるまでにかなり大きなディレイがあると思います

 

もっと言えば、使う人が少ない技術は全然日本語にならなかったりします

 

それに、今は私はReactをやっていますが

 

ReactのHooksとかの情報は、多用してる人が多そうなのに、未だに日本語の情報は少なく

 

日本語だけでキャッチアップを完遂させることは限度があります

 

英語のブログを読んだり、Stack Overflowを読んだりしなきゃいけないし

 

動画などでYoutubeなどに上がってるカンファやチュートリアルは

 

グーグル翻訳とかを便利に使うことすらできないので

 

英語をそこそこ聞き取れないとキツかったりします

 

だから、英語をそこそこ自由に聞き取れるようになると

 

そのような情報のキャッチアップが非常に楽になります

 

プログラミングをしてて一番辛いのは、ネット上でシンプルな答えが見つからず

 

理解できない状態が続くときです

 

一々ソース読んだり、一々深く理解してる時間もないときが多いですからね

 

答えを探すツールとして英語はとても役に立ちます

エンジニアが英語を学ぶ時間を作るのは難しい、特に、継続するのは至難の技

私は、21歳でカナダに移住するまで、英語を全く聞き取ることもできず、話すこともできませんでした

 

自分の中で英語を学ばなきゃいけないなとは思いつつも

 

いくら学んでも出来るようになる気がしないし

 

仕事に役に立ちそうだとは分かっていても

 

結局自分が投下せざるを得ない勉強の時間と比べると

 

どうしても費用対効果が悪く、それなら技術の勉強した方がええやんってなるんです

 

その気持ち、超解ります

 

なので、僕は、決意しました。カナダに移住するとに決めたんです

 

言わずもがなですが、英語学習で一番難しいのは、継続することでして

 

僕は独学で日本で英語を学ぶことを諦めました

 

僕の経験で言えば、毎日必死に英語に触れてても

 

三ヶ月くらいは全然進歩を実感できず辛いと思います

 

その辛い時期を乗り越え、英語を好きになり

 

英語を学ぶことを当たり前化出来るかどうかが一番重要なところです

 

僕は、無理やり英語オンリー環境に自分から飛ぶこむことで

 

努力のコストを減らし、無理やり継続できるようにました

 

代わりに大学を辞めることになったり、家族と一年間も離れることになったり

 

カナダでちょっと病気して恐ろしい思いをした経験も増えましたが

 

全てが結果オーライ

 

帰国して今となれば、そこそこ英語も聞き取れるし、ネイティブの友達と遊び回れるし、英語のラジオを聞き取れるし

 

とても得して費用対効果よかったなって思ってます。

まとめ

こんな感じで、簡単に語ってきたわけですが、まとめると

 

エンジニアとして英語を学ぶことは、記事や動画で情報をキャッチアップする時に、めちゃくちゃ得します

 

が、話したりする機会は、チームの中に外国人がいなければ少ないでしょう

 

逆に、チーム内に外国人がいれば、重宝される存在に一瞬にしてなります

 

また、英語の難易度に関しては、継続するのが難しく、三ヶ月間は英語の勉強の効果を感じるまで苦しいと思います

 

私は、この三ヶ月を、カナダ人のネイティブと遊びまわるという戦略を使ったわけですが

 

日本にいる場合、ネイティブ環境を作りづらいので、もっと努力が必要になると思います

 

(ここら辺のソリューションに関しては今回の記事では多くは書きません)

 

でも、英語を学ぶことに慣れ、英語が好きになったらこっちのもんです

 

聞いたり、読んだり、話したりするのがどんどん上手になって

 

驚くほどに得した気持ちになれることは間違い無いでしょう

 

英語の基礎を踏んでおけば、北米やヨーロッパへ、将来いつでも海外で就職できたりもしますから、

 

頑張ってください( ̄▽ ̄)

Pocket
LinkedIn にシェア



技術 x マーケティングの支援ならOFFで一貫支援、承ります。詳しくは下記のURLから↓ ⭐️

マーケティングと、システム開発のプロフェッショナル集団が御社の課題の解決をお手伝いします

-プログラマー, ホーム
-, , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.