ウィル・スミス、自らの暴力行為を陳謝(アメリカではクリスロック支持が多数)

米俳優のウィル・スミスが、アカデミー賞授賞式で司会者のクリス・ロックに対し暴力行為を行なった事案について、ロック氏に謝罪した。

1月28日朝のインスタグラムへの投稿でスミスは「クリス、私は公に謝罪したい。私は不適切で、間違っていました」と続けた。

SNSの反応では、むしろ米国ではウィルスミスに批判が集まり「人の病気をジョークにすべきではいが、突然人に暴行するのは許されることではない」という意見が集中、

建設的な意見が交わされる中、日本では「よくやった俺ならグーでいく」とか「平手で抑えたのがすごい」のような、どう考えても論理が飛んでる人々が乱立、

両国の論理視点の違いが露わになる機会ともなった。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。