岸田首相、国と民間の石油備蓄から1500万バレルを放出。アメリカに次ぐ規模

岸田総理は、IEA=国際エネルギー機関加盟国と連携し、国と民間の備蓄から計1500万バレルを放出することを発表した。

岸田首相は記者団に対し、先週のIEA閣僚会議を受け、1億2000万バレルの備蓄原油を放出することが決定され、国と民間の備蓄から合計1500万バレルが放出されることになったと説明した。

また、「IEAに割り当てられた量の1.5倍にあたる1500万バレルの放出は、米国の6000万バレルの放出に次ぐ規模である。日本としては、1978年に国家備蓄制度が始まって以来、初めて備蓄の放出を決定した」と述べた。

また、「エネルギー市場の安定化は重要であり、今後も産油国への働きかけを行い、日本としてできることを進めていく」と述べた。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。