ウクライナへの米軍支援、総額1950億円。同盟国と協力し戦車も提供

米国国防総省は、ウクライナに対して最大3億米ドル(約370億円)相当の軍事支援を行うことを発表した。ロシアの侵攻が始まってからだけでも、軍事支援の総額は16億ドル(約1950億円)に達するとされる。

発表によると、新たな支援には、レーザー誘導ロケットランチャー、攻撃用ドローン、偵察用ドローン、通信システム、医療品などが含まれる予定。米国防総省のジョン・カービー報道官は声明で、「利用できるあらゆる手段を活用し続ける」と強調した。

また、米国が同盟国と協力してウクライナに戦車を提供する計画であると報じた。戦車は東部戦線に配備される見通しで「近く譲渡する」としているが、戦車の数や提供先の国名などは明らかにされていないとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。