2022年ベスト本を見つけた。死ぬほど勉強になったのでオススメなので読んで!

この本は、私の中で殿堂入り級の最高傑作。心が浄化されていく気持ちになった。
 
例えば、Googleでは「Thank God, It’s Friday.(神様ありがとう、今日は金曜日だ)」という句の頭文字を取った「TGIF」という文化があるらしく、
 
これは、その週の仕事が無事に終わったことへの感謝や労いといった目的で、金曜日の夕方にオフィスで開かれるパーティーのことらしいのだが、
 
そこでは『どうすれば、もっと世の中をよくできるか』みたいな社会問題を解決する話題が非常に盛んだったりするらしい。
 
Googleでは、そのようにして皆んなが主体的に働いていて、だからこそ、あのような異常な強さを持った組織になるんだろうし、
 
社員からしてみれば、そういう人達に影響を受けながら暮らせるのって凄く良いなと思った。
 
 
でも僕の中で今そういう感動を受けながら、この本を読めるのは、おそらく今このタイミングだからなのかも?とも思えた。
 
プログラミングを覚えて、英語も仕事で使える程度には覚えて、マーケティングを覚えて、デジタル広告も覚えて… etc
 
自分の将来が勉強さえ怠らなければ、ある程度の給料でおそらく死ぬまで暮らしが出来る状態になれていたり、
 
自分で商売をはじめることを考えても、小さいながらも商売を0から1出来る気になり始めた最近だからこそ、
 
高尚な志が、どこか身に染みて自分の邪な気持ちを正してくれるような気がしているのかもしれない。
 
 
兎にも角にも… この本はすごく良い本です。
 
この本の題名にもなっている『3ヶ月の使い方で人生が変わる』という部分においても、凄く新鮮で勉強になるノウハウネタが盛り沢山です。
 
本の中で、下記のようなことが書いてるのですが、
 
> 3か月」という時間の単位は、僕にとって全力投球して1つのテーマに集中できる限界とも言える。極端な話、毎日ずっと同じことをし続けられる限界が3か月でもあると思う。
 
この文章を読んだときはハッとさせられるものがあった。確かになああ… と。
 
色んなことを同時にやるのは勿論生産性が下がるけど、一点集中することも永遠に頑張るのは無理だよね。。。と…
 
そういう考えると、3ヶ月という1クオーターで区切る良さがめっちゃ分かるし、自分も真似させてもらおうって。
 
 
 
めっちゃおすすめなので是非、多くの人に買って欲しいし、読んで欲しい。
 
RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

コラム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。