誰でも高確率でお金持ちになれる方法を教えます。

たまたまQuoraでこういう質問を見つけたので答えてみました。

人の話を素直に聞くことですかね。世の中の95%の人は『こうやれば良いんだよ』とアドバイスを貰っても、聞こえているようで全然理解できいないことばかりです。私も含めて、皆んな頑固で意固地になって『そんな簡単にうまくいくのか?』と疑ってしまって行動できんわけです。

例えば、私は普段マーケティング支援などのサービスをやっているのですが、過去に “ホットペッパービューティーのジャンルが違う版” のサービスをやりたいと仰られたお客様がいました。

話を聞いていると「今は無料で店舗の情報を掲載しているのだが、これだけ情報を詰め込んでいるのにSEOで上位に来ない、だからマネタイズできない」のようなことを言っておられました。

SEO で記事が上位表示されることと、ビジネスが成長していくことは、全く関係ないと思ったので、『一般的に見込み層を集客の源とする場合、SEOじゃ再現性もコントローラビリティも低すぎるので広告が良いと思いますよ』とアドバイスをしたのですが、全く聞き入れてもらえずSEOに執着されていました。

ビジネスというのは、再現性のある集客路が確保され、最終的にCPAがLTVより低かった段階で継続的な成長することが出来るのが、当たり前の話でして、論点としては、

昔はリアルな展示会やセミナー、雑誌や看板やチラシ、テレアポや飛び込み営業などでリード獲得してたのが、今はWeb広告やSNS広告でガンガン集客できる(それなりの広告運用スキルが必要)ようになったよねという話であって、

SEOとかSNSとかインフルエンサーマーケティングとか諸々、伸ばすだけでも時間もやたらかかるし、その上水物ですし、相当のセンスも求められるので、基本的には多くの企業にとって、きちんとマネタイズできた後のブランディングとしてやるべきですよね、、、

みたいに言ったのですが、それも全く聞き入れて貰えませんでした。とにかくSEO、とにかく検索上位表示!みたいな感じで拉致が開かず、私としても、SEOは魔法じゃ無いので無理矢理1位を維持し続けるのは無理なので、ご相談頂いたのにも関わらず申し訳ないと思ったのですが、辞退しました。

このように、お金を稼ぐ(お客さんを集める)為には、誰もがやっている当たり前のルールみたいなものがあります。それすらをきちんと素直に聞きれて実行できなければ、絶対に誰もお客さんを集めたりビジネスをマネタイズできないよなあと思うわけです。

よく「バリュープロポジション」って言ったりしますけど、↓

  • 顧客が望んでいる価値と、自社が提供できる価値を合致させること
  • 競合他社が提供できない、自社独自の価値を提供すること

結局のところ、お客さんが自動的に集まる仕組みを作れないと、どれだけ自分の商品が魅力的でも無理ゲーですし、逆に、自分たちの商品自体が微妙でも、そこそこマトモに集客できるならば、誰でも稼げますし、自分のビジネスの競争優位性をブラッシュアップして育てる時間も貰えます。

そこら辺の計算と数値目標の設定をしながらPDCAを回せる人は、低リスクで高確率でお金持ちになれます。今の時代、ネット広告とかであれば、きちんと業界平均CVも割り出せるので、いくら金を使えばいくら売り上げが立つ… みたいな計算もある程度できます。

多分、店舗ビジネスとかも同じで、ネットでググれば商圏に対して家賃がこのくらいで、これくらい毎日客が来て、この客の何割がLTVこのくらいになれば最終的に儲かる、、、その為にはいくらのコストを背負うリスクがあるよね。。。

みたいな計算が立つはずです。で、そういう計算から明らかに乖離してるんであれば、そもそもこのビジネス自体マーケット存在しないのでは?みたいに捉えることも出来ます。

で、どんだけ競合が多かろうがプロモーションが微妙であろうが、きちんと市場があればある程度CV取れますし、そこから自分たちの商品の魅力を伝えられるチャンスになります。はっきり言って、ビジネスそのものと、お客さんを集めるという前段階においては、双方は別物とも言えて、

マーケティングは商品よりも前にある、、、というのはマーケ業界では結構有名な話です。お金持ちになりたければ、まずはお客さんを半分自動で集められる仕組みを見つけること。その後に自分たちが顧客に提供できる価値を磨いていく、こうすることをオススメします。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。